ジェレミー ブレット。 シャーロック・ホームズの冒険[完全版] Vol.1 / ジェレミー・ブレット

グラナダTV版シャーロック・ホームズシリーズの魅力

ジェレミー ブレット

ジェレミー・ブレット20回忌に寄せて 2015年の今年は、シャーロック・ホームズを演じた稀代の俳優ジェレミー・ブレットの没後20年にあたります。 ジェレミー・ブレットが逝去した1995年、日本では1月に阪神淡路大震災が起こり、その僅か2ヶ月後には地下鉄サリン事件が発生。 暗い世相の最中に、新世紀エヴァンゲリオンが放送されて一大ブームを巻き起こし、シャーロック・ホームズの冒険を放送していたNHKでは、後々まで語り草となる歴史映像ドキュメンタリー番組「映像の世紀」シリーズが放送された年でもあります。 日本は、社会面、カルチャー面でも時代の転換点となった年でした。 戦後の様々な古い価値観が崩壊していった現代日本のターニングポイントと言える年だったのではないでしょうか。 1997年には世間を騒がせた神戸連続児童殺傷事件が起こります。 時代はよりいっそう暗く沈鬱になっていくかのようでした。 16歳か17歳の頃、新聞の広告欄に、大英帝国展が開催されると掲載されていたのを見て、大阪松坂屋のデパートまで足を運びました。 シャーロック・ホームズのグッズも売り出されると書いてあったからだと思います。 デパートの上の方の階のフロアに入ると、所狭しとグッズが並んでいました。 サンクラウンから発売されていたシャーロック・ホームズ全集のビデオ、シドニー・パシェットの挿絵をカラーにしたイラスト、ロンドンにあるシャーロック・ホームズ博物館でグッズとして売られている数々の品。 定期的にダグパイプを担いだスコットランドの民族衣装に身を包んだ白人男性が、数人の係員を引き連れて、異国情緒溢れる音色を振りまきながら館内を練り歩いていました。 全身ホームズの衣装に身を包んだ小太りの日本人の男もいます。 紺のブレザーの制服姿の同い年くらいの女子高生が三、四人、ビデオの並んだ棚の前で興奮気味に話し込んでいました。 綺麗なお姉さんが、ポラロイドカメラを持っていました。 500円で1枚記念に撮影してくれるそうです。 僕は例の帽子をお姉さんから受け取って頭に被り、1枚撮って貰いました。 お姉さんは「ちょっと待ってくださいねー」とおどけた感じでパタパタと写真をあおぎます。 ポラロイドの写真に、記念の金色のシールを貼って貰いました。 その写真も、残念ながらどこかに紛失してしまいました。 黒縁の大きなアラレちゃんメガネを掛けて、黒のシャツの写真…。 その後僕は、限られたお小遣いの中から、欲しいものをいくつか買いました。 パイプを咥えたホームズのお馴染みの横顔のシルエットがプリントされた白いTシャツに、ピンクの柄のマグカップ、イラスト…。 残念ながらイラストの方はどこかに紛失してしまいましたが、Tシャツはボロボロに黄ばんだ今も大切に仕舞っていますし、マグカップは今現在も愛用しています。 そのとき訪れた松坂屋も、今はもう不況の煽りを受けて閉店し、改装され、その場にはありません。 記憶はどんどん現実に塗り替えられ、更新されていきます。 それでも僕の頭の中の片隅に、そのときの光景は僅かずつ姿形を変えて残り続ける事でしょう。 ジェレミー・ブレットに驚喜していた女子高生達はもう結婚して、子どももいるかもしれません。 写真を撮ってくれたお姉さんももう40代でしょう。 エヴァンゲリオンの物語は2015年から始まります。 新劇場版エヴァンゲリオンは、残りの第4部で完結しますが、もうすぐ公開間近でしょうか。 2015年、新・映像の世紀が6回シリーズで放送されています。 メインテーマは加古隆のあの名曲「パリは燃えているか」です。 少し前にはNHKのBSプレミアムで、シャーロック・ホームズの冒険が再放送されました。 本国イギリスでは、シャーロック・ホームズを現代版にアレンジしたベネディクト・カンバーバッチ主演の「Sherlock」が放送され人気を博しています。 アベノミクスで日経平均株価は一時2万円台を回復しました。 時代はまるで1995年に舞い戻ったかのような様相です。 善人の塊みたいな英国紳士Drワトスン役を演じたエドワード・ハードウィックは2011年にこの世を去りました。 もしジェレミー・ブレットが生きていたら、79歳でしょうか。 まだまだ現役です。 もし彼が生きていたら、私たちファンにどのようなメッセージを投げかけてくれていたことでしょう。 親と子以上の年の差はあるものの、同じ時代を生き、同じ時代の空気を吸っていた事に感謝したいと思います。 2015年、皆さんはどのような年になりましたか? 2015年12月25日クリスマスに記す。

次の

ジェレミー・ブレット

ジェレミー ブレット

探偵ものを語るならばはずせない、アーサー・コナン・ドイル卿の 『名探偵シャーロック・ホームズ』。 人気の名作だけにいろんな俳優が映像化に挑戦し、いろんなバージョンがあるけれど、だんとつお薦めなのが Jeremy Brett(ジェレミー・ブレット)が扮するシリーズ。 全 41 話です。 これが、ホームズ役の俳優を探してジェレミーにたどり着いたのではなく、 「ジェレミー主演のために『シャーロック・ホームズ』が書かれた?」 と思わせるほどのはまり役!!! わたしはチャンネルを変えてる最中に偶然 NHK で見かけて腰抜かしました。 だって一見しただけなのに誰だか一発で分かるほど、 そのまんま! 本の挿絵そのものの外見、神経質な声のひびき、イメージどおりのしぐさ、エキセントリックな雰囲気…と、どれをとっても文句のつけどころがない。 本からそのまま飛び出てきたような「ワトスン君!」なホームズ。 1933年生まれ。 まず、ジェレミー・ブレットというのは本名ではありません。 名家の跡継ぎとして生まれ名門イートン校で教育をうけた彼ですが、学業のほうは 学習障害によるものか芳しくなく、歌唱力に優れ演劇を志したせいで「家名をまもるために」と本名を名乗ることを父親に禁じられます。 ショーン・コネリー降板後の ジェームズ・ボンド候補にもあがりました。 彼は1982年のグラナダテレビからのホームズ役の打診に 「これまでにない史上最高のホームズ」を演じることを決意し、ホームズのみならず作者であるコナン・ドイルについての研究に心血をそそぎます。 彼がホームズの仕草や習慣などについてまとめた関連資料『ベーカー・ストリート・ファイル』は 77 ページにもおよんだそうです。 1984年に撮影が開始されてから情熱的に役柄に没頭しますが、「 『ホームズを長期にわたって演じるとその役柄に魂を奪われてしまい自我を喪失してしまう』とおそれる役者もいる」との彼の言葉そのまま、ジェレミーのホームズにかける情熱は執念となり、そして執念はいつしか強迫観念的に。 1985年に妻(2人目。 1人目とはジェレミーの 男性恋人が原因で 離婚)と 死別した後はその悲しみと過酷な撮影のストレスから精神的に衰弱し、従来の激しい気分変動が悪化。 入院の結果、 躁うつ病と診断されリチウムを処方されます。 第3シリーズからは躁鬱病と闘病しつつの撮影となりますが、 薬の副作用の 体液貯留と体重増加で動作が緩慢になり、外見的にも演技的にも徐々に変化が。 終盤には目に見えて病状が悪化、何度も入院もしています。 それに加えて 心臓が通常の2倍の大きさだった彼は 呼吸困難もあり、撮影現場で 酸素マスクが必要でもありました。 1984年から1994年までホームズを演じ続け、心不全で1995年に他界しました。 「どうりで・・・」と鬼気せまる迫力も納得。 ジェレミー・ブレットの幾多の闘いに敬意を表せずにはいられません。 、傑作です。 彼の苦闘のたまものを、ぜひ一度観てみてください。

次の

シャーロック・ホームズの冒険 (テレビドラマ)

ジェレミー ブレット

Jeremy Brett(ジェレミー・ブレット) Jeremy Brett(ジェレミー・ブレット) 本名 Peter Jeremy William Huggins(ピーター・ジェレミー・ウィリアム・ハギンス) 別名 Jeremy Childs ジェレミー・チャイルズ)1985年TV番組「フローレンス・ナイチンゲール」の時のみ 結婚 Anna Massey(アンナ・マッシー) 結婚期間(1958年3月〜1962年) 離婚) Joan Wilson(Sullivan ジョアン・ウィルソン《本名サリヴァン》 結婚期間(1976年〜1985年7月) 死別) 実子 David Raymond William Huggins デービッド・レイモンド・ウィリアム・ハギンス)作家 継子 Caleb Sullivan カリブ・サリヴァン) Rebekah Sullivan (レベッカ・サリヴァン 自称 バンビ、スヌーピー 生年月日 1933年11月3日 身長 6フィート1インチ 185センチ) 死亡年月日 1995年9月12日 死因 心不全 経歴 1933年11月3日、父ヘンリー・ウィリアム・ハギンス、母エリザベス・エディス・キャドバリー・ハギンス 注1)の4番目の息子として誕生しました。 兄弟は上からジョン、パトリック、マイケルです。 父のヘンリーは第一次世界大戦に従軍した陸軍大佐なので 息子には軍人になることを望んでましたが16歳で名門イートン校へ入学したジェレミーは17歳の時にリウマチ熱を発症してしまいました。 注2) そのために軍人への道は閉ざされてしまい、小さい頃からの別の夢だった俳優の道を志すことになります。 しかし俳優という職業に偏見を抱かれていた父親は一族の姓を使うことを許さなかったのでジェレミーは初めて作ってもらったスーツのラベルにあった「ブレット」を芸名にしました。 1954年マンチェスターのライブラリー劇場で初舞台をふみ、映画では1955年英国映画「スヴェンガリ」でフランス人の美術学生役が初出演でした。 (ただしクレジットはありません) ジェレミーが映画で最初に主要な役を得たのが1956年のオードリー・ヘップバーン主演「戦争と平和」の「ニコライ・ロストフ」、そしていつでも若き日の彼に会える一番有名な作品といえば、同じくヘップバーン主演の「マイ・フェア・レディ」の「フレディ・エンスフォードヒル」です。 その後は舞台・TV・映画と様々に活躍をしていましたが、1980年に聖典どおりのホームズのテレビ化を希望していたマイケル・コックス監督よりオファがきました。 最初は乗り気ではなかったジェレミーでしたが、やがてホームズを読み返すことにより、興味を抱き引き受けることとなりました。 1983年「シャーロック・ホームズの冒険」の撮影がはじまり、1984年の春放送が開始されると同時に一般の視聴者はもちろんシャーロッキアンからも賞賛を受けることとなります。 1985年夏、2番目の妻であったジョアンがガンでなくなりました。 心の支えであった彼女の死の衝撃は大きく、若いときより患っていた躁鬱病 注3 が頭を持ち上げて来て「帰還」の第一シリーズ終了後、ジェレミーは極度の鬱状態に陥り、南ロンドンのマウデスリー病院へ10週間入院をします。 注4) しかし大勢の友人、家族 前妻アンナ・マッシーと実子のデービッド)の愛情と看護により無事復活を果たし病後はホームズを中心とした芸能生活になりました。 その後も度々躁鬱の症状に襲われますが 注5)全力で仕事に打ち込んでいたジェレミーは映像にはそのことを片りんも見せずホームズを演じていたのです。 しだいに躁鬱病の精神安定剤「炭酸リチウム」の副作用である腎臓障害のために慢性的なむくみにおそわれ、それに付随してリウマチ熱の後遺症である心臓病が悪化します。 心臓移植も考えられましたが、躁鬱を抑えるための「炭酸リチウム」と移植後の拒絶剤の副作用を考慮して手術は見送られついに1995年9月12日、南ロンドンのクラパム・コモンの自宅で就寝中にジェレミーは心不全により亡くなりました。 享年61歳。 1995年11月29日にトラファルガー広場のフィールドス聖マーチン教会にて追悼式が行われ、遺灰はテムズ川に流されました。 病気のことばかり書くと、とても悲劇的な人と思われますが、普段のジェレミーは大変お茶目なおじさんでした。 いつも人を笑わせることが大好きで、俳優という仕事を命をかけて愛したジェレミーに賛辞の言葉を! 注1 母親の実家は、かのチョコレートメーカー「キャドバリー」の一族です。 注2)シゴキ系体育教師に無理やり寒中水泳をさせられたせいだそうです。 注3)多くの本で鬱病となっていますが、鬱病と躁鬱病は別の病気です。 注4)一部のタブロイド紙がHIVになったと報道しました。 今でしたら私はその記者のメールアドレスに最高級のウィルスメールをおくって差し上げます 怒) 注5)「帰還」撮影の中ごろ躁状態に入り、ホームズを嫌いはじめたジェレミーは、自分で衝動的にホームズを演じるために伸ばしていた髪の毛短く刈り込んでしまいました。 ハードウィック氏によれば「理容店でカットしたものではなく、あきらかに自分で切ってしまっていたんだ。 なぜなら短い髪があちらこちらから出ていたからね」.

次の