サンクトペテルブルクのホテル。 サンクトペテルブルク ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

サンクトペテルブルク ホテル

サンクトペテルブルクのホテル

9kmの場所にあるホテルアンバサダーは、251室の客室からすべてを見渡せる景色を眺めることができます。 これは2005年までさかのぼる豪華な施設です。 このホテルは両替、ATM/現金自動預け払い機と駐車場を提供しており、ユニークな装飾が施されたルームを含んでいます。 Nicholas Iからの850メートル、Nevskiy 区にあります。 顧客はざっと0. 9キロメートル離れたKrasny Mostへ早く行けます。 Resurrection Novodevichiy Conventは徒歩数分です。 ミニバー、衛星テレビと金庫などの室内設備に加え、部屋にはプライベートなバスルームも付いています。 一部の客室からは海の景色が見えます。 装飾はカーペットを敷いた床と快適な木製の家具で飾られています。 館内の伝統的なレストランでは、立派な食事をお召し上がりいただけます。 ラウンジバーは、ペイストリーとサンドイッチのサービスがあります。 食事のオプションは、施設から歩きで5分以内の所にあるSeveryaninを含んでいます。 ホテルアンバサダー サンクトペテルブルクは、工科大学地下鉄駅からたった600メートル離れた所に位置しています。 顧客はフィットネスクラス、ジムとフィットネスセンターを無料利用することができます。 宿泊施設サービス• 有料金庫(レセプション)• 24時間チェックイン• レセプション(時間限定)• レイトチェックイン• フロントデスク• 24時間警備体制• 荷物預かり• ロッカールーム• バンバラ語• 美容師• 多言語スタッフ• リトアニア語• ハウスキーピング• レンタカー• セルフサービスランドリー• ジャワ語• リムジンサービス• 食料品ショッピングサービス• 靴磨きスタンド• 新聞サービス• ウェルカムドリンク.

次の

St. Petersburg Apart hotels from ¥3,266

サンクトペテルブルクのホテル

サンクトペテルブルク プルコヴォ空港 20時に到着すると今回一緒にツアーに参加する新聞社の方、モデル、インフルエンサー、記者の方と合流して遅めの夕食へ。 空港から市内中心地までは17km。 うまくいけば20分ほどだが、渋滞の多い街なので時間によっては1時間くらいかかることもあるらしい。 今夜のレストランはジョントラボルタやマリリンモンローも宿泊した?タリオン インペリアル ホテル(Taleon Imperial Hotel)内にある《VICTORIA》。 公式リンク 入り口からとってもゴージャスで、こんな場所で食事できるの?と大興奮。 ピアノの生演奏、窓から差し込む白夜ならではの太陽光、カザン聖堂の荘厳な佇まいに思わずうっとり。 グランド ホテル ヨーロッパ デラックスルーム ネフスキー大通りに面しており、抜群の立地。 口コミ評価も高く観光に最適の だった。 高級ホテルは家族や友達と来た時だけで、取材の時は安宿ばかり泊まっていたのでとても感慨深いものがある。 お風呂もベッドも独り占め。 ひとりで高級ホテルなんて寂しいかなと思っていたけど、忙しくて寂しさを感じる暇もなく0時をまわった頃すぐに眠りにつく。 公式リンク 関連記事 サンクトペテルブルク旅行2日目 朝食は本山さんと合流し、バイキング形式の朝食。 サーモンだけで数種類。 美味しいと評判のいくらのパンケーキやオムレツをチョイス。 どれもとても美味しいし、種類が豊富なのであれもこれも食べたくなる。 あっという間に集合時間になり2日目の観光スタート。 最終日は食事をとって帰国するだけなので、3日間のスケジュールは下記の通り。 日程 内容 2日目 午前 市内観光 午後 3日目 午前 午後 、野外オペラ 雨のため不参加) 4日目 午前 打ち合わせ 午後 、 市内観光は前回とほとんど同じコースだったけれどお天気がイマイチだったのと内部見学の時間がなかったので少し残念だった。 6、7月はサンクトペテルブルクのベストシーズンではあるものの、やはり天気が変わりやすいこの街では当日にならないと天気が読めない。 この後も天気に振り回される旅程となった。 モスクワの聖ワシリー大聖堂とよく似ていて、どちらもロシアでしか見られない素晴らしい教会です。 ロマノフ王朝を代表するロシアならではの教会は近くで見ても、ネフスキー大通りから眺めても絵になるのでついついたくさんシャッターを切ってしまう。 内部の装飾は圧巻で、人の多さを除けば文句の付け所がないくらい素晴らしい。 ちょうど真ん中の部分が修復中だった。 歴史的な建造物は度々修復しているし、運良く全景を見れることもあれば、そうでないことも多いので絶対見逃したくない人は事前にチェックすることを強くおすすめします。 川沿いのお土産やさんを少し冷やかし、着ぐるみを着た怪しいクマから足早に逃げてバスへ戻る。 サンクトペテルブルクはロシアの一大観光地とあって、着ぐるみやドレスアップしたパフォーマーがとても多いので注意 一緒に写真を撮ったり、彼らを撮影するとお金を請求されるので払いたくない人は無視すること! その後ピョートル大帝の像を見て少し歩いた後イサク聖堂の写真撮影タイム。 関連記事 聖イサク大聖堂 聖イサク大聖堂はヨーロッパの中で3番目に大きな教会でドームで収容人数はなんと1万4,000人。 設計はフランス人建築家オーギュスト・リッカルド・デ・モンフェラン。 40年の生涯を全てこの教会へ費やしたという。 展望台が素晴らしいと評判なので、サンクトペテルブルクの絶景写真を上から見下ろしたいなら足を運ぶべき場所。 イサク聖堂は入場料あり、350ルーブル。 展望台は昼200、夜400ルーブル。 関連記事 聖 土産屋さんでトイレ休憩。 ツアーで連れて行かれるお土産屋さんは大抵かなり割高なので、安く済ませたいならこういうお店では買わないこと。 ロシアのお土産は結構かわいいので見て回るには楽しめます。 オーロラ戦艦 オーロラ戦艦 お次はネバ川沿いのオーロラ戦艦を見学。 元々防護巡洋艦として日露戦争にも実際参加した船なのだとか。 ロシア革命の象徴として記念館となり、戦艦がそのまま博物館になっており人気を博している。 カラフルな街並みに灰色の戦艦がおどろおどろしい。 鳩がいたので戦艦と一緒に写真を撮った瞬間に3人のロシア人に囲まれチップを要求された。 あートラップにかかってしまっためんどくさい。 本当に1円もキャッシュを持っていなかったしアホらしいのでその場で写真を消して退散。 色々怒鳴られて気分は良くないけどとにかく無視して立ち去る。 しばらくついてきたけど大丈夫だった。 ロシアでは 鳩に要注意。 スモーリヌイ聖堂(松ヤニの教会) スモーリヌイ聖堂 市内観光最後は松ヤニの教会《スモーリヌイ聖堂》。 ピョートル1世の娘エリザベータ時代に建設された鮮やかなブルーが美しい教会。 中は白とゴールドのシンプルな内装で外観ほどの華やかさはない。 ここで販売されていた絵画が素敵だった。 エカテリーナ2世時代は女学校だったというこのスモーリヌイ聖堂、周辺にも同じブルーの建物がたくさんあって少し散策。 緑もたくさんあるし、こんなところで勉強するのもいいな。 サンクトペテルブルクランチはロシア料理 ウォッカ博物館を併設している面白いレストランで、ロシア風サラダ、ピロシキ、イクラのパンケーキ、ボルシチやキエフ風カツレツをいただく。 日本のピロシキは偽物で、本物は写真の通り。 ひとつはキャベツで、もうひとつはキノコ。 全然肉も入っていないし、カレーパンみたいな見た目でもない。 朝食も重かったのでこの辺でお腹も限界に。 西欧料理は3食食べると日本人には重すぎる。 午後はバスを1時間走らせ郊外のエカテリーナ宮殿へ。 エカテリーナ宮殿 人気のチョコレートは約150円 特にアルコールは本当に安いので自分用にもお土産用にもおすすめ。 あとは定番のチョコレートやハチミツもリーズナブル。 特別他の国と違うロシア独特の雰囲気などはなく、快適に買い物を楽しめた。 サンクトペテルブルクでディナー まだランチでお腹いっぱいだけど夕食の時間。 血の上の救世主教会がよく見えるとても景色の良いレストラン。 ビルがたくさん建っているわけではないので本当に見晴らしが良いし、21時でもこの明るさ。 1日観光して疲れているけどこの景色を見られて幸せだ。 旅好きでよかったなと思える瞬間。 食事中は7人のメンバーと色んな話が出来てとても楽しい。 みなそれぞれ経歴も違うし、年齢だって20代から60代まで様々だけれど外国の話や仕事、政治の話にまで話題が及んで刺激的だった。 1年前までわたしの周りには会社員しかいなかったし、この1年はほとんどフリーランスのブロガーとばかり過ごしていたから本当にこんな感覚は久しぶり。 始めはプレスツアーでロシアに行けるなんてラッキーだとただ喜んでいただけだったのに、思わぬ刺激をもらって嬉しい誤算だった。 サンクトペテルブルク夜の散歩 プーチンカレンダー 本屋といいつつ土産物が所狭しと並んで、プーチングッズもたくさん見つけた。 元々シンガーミシン社のビルだった場所が本屋に改装されているので外観もとってもおしゃれで人気があるようだ。 家族にプーチンのTシャツを頼まれていたのだけどここにはなくて残念。 チョコレートやお茶を購入し23時半ごろホテルに戻る。 こんな時間まで歩いてる人は沢山いるし、外も明るいので全く怖くないのが良いな。 その分ハイシーズンにはスリが多いので注意しなくちゃ。 まだスリ未経験だけどそのうちスられるんじゃないかっていつも思っている。 慣れてても絶対油断禁物。 シャワーを浴びて長い1日が終わる。 サンクトペテルブルク旅行3日目 3日目の朝は昨日の反省を活かし朝食は少なめに。 今日は男性記者と同じ時間だったのでご一緒させてもらった。 ひとりで飛行機に乗るのも観光するのも大好きだけど食事だけは誰かと食べたい。 この気持ちわかりますか?笑 エルミタージュ美術館 3日目も微妙な天気だけどまだ朝は日差しがあって気持ち良い。 午前中は楽しみにしていた2度目のエルミタージュ。 あまりにも広いため毎度新館の印象派が観られないのがとても残念。 10時半のオープンに合わせて入館し、3時間かけて見所をざっとまわる。 まずは唯一写真撮影不可のダイアモンドルームを1時間かけてじっくり鑑賞。 エルミタージュ美術館にはゴールデンルームとダイアモンドルームがあり、2つの部屋は自由見学不可。 別途350ルーブル支払ってガイドツアーに参加する必要がある。 女性が美しいアクセサリーが好きなのは2000年前も今も同じ(笑)。 現代人が見てもとても素敵なデザインのアクセサリーを何百点も鑑賞した。 ラファエロの回廊 詳しくはこちらの記事をどうぞ。 関連記事 1日中いたいけれど時間もないし3時間も鑑賞するとめちゃくちゃ疲れるので休憩しないと。 サンクトペテルブルクランチはGINZA PROJECTでアジア料理? ランチはGINZA PROJECTというモダンな雰囲気のレストラン。 アジアのフュージョン料理みたい。 パクチーと揚げナスが入ったサラダは東南アジアで出てくるような甘辛いソースで美味しい。 キノコのスープとメインのお魚もアジアを感じる。 せっかく外国に来たのに数日いれば飽きてきて結局アジアの味を求めてしまう日本人は多いはず。 西洋料理に飽きたらこんなお店もありますよ。 ピョートル大帝夏の宮殿ペテルゴフ ピョートル大帝夏の宮殿ペテルゴフ内部 でもペテルゴフの素晴らしさはやっぱり噴水のお庭だと思うので、ぜひサンクトペテルブルクに来た際には晴天の日を狙って欲しい。 20の宮殿、7つの公園、350もの噴水は世界中どこを探しても見当たらないのではないか。 関連記事 野外オペラ ペテルゴフの後はオペラの予定だったのだけど、珍しい野外のコンサート会場だったのでみんなで相談してキャンセルすることになった。 さすかに雨の中2時間はキツイので仕方ない。 でも実際行ったらどんな雰囲気だったのだろう。 気になるなー。 どうやらプーチンがサンクトペテルブルクに来ているらしくこの日は渋滞がすごかった。 サンクトペテルブルク夕食&夜の散歩 夕食はキノコのスープ、クスクスのようなパスタなど。 味は悪くないけどクリーミー過ぎて重い。 毎食お腹の空いている時に食べたらなぁともったいない気分になる。 一度部屋に戻り本山さんを誘って夜の散歩に出かけた。 本山さんが跳ね橋が見たいというので30分ほど写真を撮りながらゆっくり歩いていくと突然夜のエルミタージュが現れた。 カザン聖堂内部と参列するロシア正教徒 カザンはロシア正教会で最も重要なイコンのひとつカザン生神女(カザン聖母)のために建築され、名前もそれに由来している。 こんな立派な教会が、ソ連時代には無神論博物館とされていたというのだから市民の気持ちを考えると心が痛む。 わたしたちの想像を超える厳しい時代だったのだろう。 関連記事 サンクトペテルブルク観光について 3日目は朝から観光局と会議。 サンクトペテルブルクの魅力をプレゼンテーションしてもらう。 わたしの知らないサンクトペテルブルクが見られてとても楽しかった。 大都市だけあって、鉄道博物館や、ジオラマなど子供と一緒に楽しめそうな施設が盛りだくさんだ。 そして東京と同じように年中イベント開催しており、何月にいっても楽しめるよう工夫されている。 3、4日ではとても周りきれないのが残念。 反対に日本人がロシアのどんなものに魅力を感じるかなど意見交換。 サンクトペテルブルクは本当に素晴らしい街なのに、日本人に知られていないのがとっても悔しい。 最後の晩餐を表現するオブジェ ソ連時代を忘れないようにというメッセージが込められた作品が特に印象に残った。 エルミタージュを目当てにして旅行する日本人には現代アートはあまり足を運ぶ気にはならないかもしれないけど、新旧のロシアを感じられる場所なのでセットで見ると一層ロシアに興味がわいてくると思います。 関連記事 サンクトペテルブルク夕食&夜の散歩 今夜もGINZA PROJECTでアジアのフュージョン料理。 今回は日本色強めでカラオケがあったり、お寿司が出てきたりで面白かった。 海外で食べる偽物の日本料理は結構ジャンクな味付けで好き。 とはいえおそらく年配の方の口にはあまり合わないのではないかと思う。 あくまで外国が解釈した日本料理ということをお忘れなく。 再び本山さんと早めに失礼して最後のお散歩とショッピングに出かける。 ネフスキー大通り沿いにあるパサージュとお土産屋さんスーパーを周ってサンクトペテルブルクともお別れ。 S7で帰国 帰国もアエロフロートだと思い込んでいたら、S7でノボシビルスクのトルマチョーヴォ空港経由で帰国らしい。 ちにみにアライアンスはワンワールド。 ノボシビルスク??ってどこ??と一瞬不安になりながらも同行者4人同じフライトで帰国。 モニターなし、機内食も食べられるものはあまりなく、お酒なし、非常席前で座席倒せずかなりつらいフライトとなった。 移動中は本山さんとずっと一緒だったので、旅の振り返りや仕事の話、プライベートの話などたくさん話せて楽しかったのが救い。 本山さんが編集長をしている は学生の旅を応援するメディアという素晴らしい取り組みをしているのでこれからも本山さんとIMATABIを応援します! サンクトペテルブルク旅行記まとめ 最近旅行記はあまり書いていなかったのですが、あまりにもたくさん観光地をまわったので自分への備忘録として書きました。 5日のロシア滞在で日本人は年配の方しか来ていなかったので、これからどんどん若い人や家族旅行でも訪れてほしいです。 今はビザ取得が大変なので初心者向きではありませんが、2021年からネットでビザが取れるように動いているのでどんどん渡航しやすくなるんじゃないかな。 夏がベストシーズンで6、7月は白夜も楽しめますし、冬はオペラ、バレエ、美術鑑賞のハイシーズン。 わたしも次は秋~冬の季節に一度訪れてみたいと思います。

次の

サンクトペテルブルクの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

サンクトペテルブルクのホテル

ホテル イビスサンクトペテルブルクセンター 明るく親しみやすいエコノミーホテル ホテルイビスサンクトペテルブルクセンターは、戦略的に理想的な場所にあります。 カザン大聖堂まで 2. 1 km 以内、アニチコフ橋まで 1. 5 km、鉄道駅までは徒歩で 500 m です。 地下鉄「リゴフスキーアベニュー」駅まで 6 分、「ウラジミルスカヤ」まで約 9 分、「マヤコフスカヤ」まで 12 分です。 周辺には、映画館を備えたガレリアメガモールがあります。 こちらでは散策をお楽しみいただけます。 すべての通り、あらゆる建物が歴史を感じさせ、子供の頃に読んだ物語を思い出させます。 中心部に位置し、モスコフスキーヴァグザール駅から約 400 m です。 目抜き通りであるネフスキー大通りまですぐで、エルミタージュ美術館、博物館、レストラン、ネバ川の遊覧船ツアーなどに便利です。 Dear Mr. , Thank you for taking the time to tell us about your experience at the ibis Saint Petersburg Centre. I am sorry that your experience did not meet your expectations; please allow me to express my sincerest apologies. At Ibis, we strive to provide a superior service experience for every customer; therefore your feedback is very important to us. Please rest assured that we are taking the appropriate measures to address the problem and prevent future occurrence. We appreciate your sharing your concerns, and it is our hope that you will give us the opportunity to better serve you in the near future. , We very much appreciate your comments regarding your stay at the ibis Saint Petersburg Centre Hotel. It is always a pleasure to receive positive feedback. I will share your comments with our team. I am sure that this feedback will serve as an encouragement to all of our staff as we strive to continuously improve the quality of our services. Thank you again for sharing your experience, and we hope your next visit will be as pleasant as the previous one. Sincerely, Olga Gribenko Front Office MAnager.

次の