確定申告書 添付書類台紙。 国税庁が確定申告書への源泉徴収票の添付を不要にした本当の理由

【2020年令和最新】確定申告の提出書類とチェックリスト

確定申告書 添付書類台紙

サラリーマンの場合、所得税は源泉徴収され、社会保険料控除は年末調整で行われます。 さまざまな税金関係の処理が、給与を貰う際にすでに済んでいるため、何が控除の対象になるのかということには、あまり気を使わない人が多いでしょう。 しかし、個人事業主やサラリーマンでも、副業で収入を得ている人などは確定申告をしなければなりません。 確定申告で保険料に関する控除対象は、国民健康保険料や生命保険料など様々です。 その際に求められる書類も様々であり、社会保険料の金額を証する書類や控除証明書などがあります。 控除を受けるには必要ですので、あらかじめ用意しておきましょう。 国民健康保険は控除対象になる 上記の通り、社会保険料は確定申告の際に控除対象になります。 社会保険料の一環に、国民健康保険も位置づけられています。 保険料というと、民間の生命保険をイメージする人が多いでしょう。 確かに民間の生命保険会社からは、だいたい11月から12月になると、保険料控除に必要な証明書を送付してくれます。 会社に証明書を提出して、保険料控除の金額を書類に記したことがある人は多いことでしょう。 国民健康保険も民間の生命保険会社の保険と同じく、確定申告では社会保険料控除の対象になります。 国民健康保険の場合は前年の1月1月から12月31日までに納付した金額が控除対象になる 確定申告では、社会保険料控除の申告をする際、国民健康保険の納付額も所得税控除の対象となります。 では、対象となる納付期間はいつからいつまででしょうか?確定申告の場合、前年の1月1月から12月31日までに納付した金額が対象となります。 その年ではなく、前年というところに注意が必要でしょう。 確定申告する前の年の、1月1日から12月31日までに納付した国民健康保険の金額を申告することになります。 納付をしていない場合は控除を受けられない可能性があるので注意が必要 きちんと納付をしていない場合は控除を受けることができないこともあるので、注意が必要です。 会社に所属していない自営業の方や、フリーターの方は気を付けましょう。 前提として、国民健康保険料はしっかり納める必要があります。 それでは次に領収書についてみていきましょう。 国民健康保険料の確定申告時に領収書は必要ない それでは領収書について紹介していきます。 国民健康保険は、確定申告の際に社会保険料控除の対象となります。 では、国民健康保険を納付したことを証明できる、領収書などの証明書が必要となるのでしょうか? 民間の生命保険会社からは、毎年必ず証明書が送られてきます。 「確定申告の際に必要な書類ですから、大切に保管してください」という注意書きがされているので、印象に残っている人も多いでしょう。 それと同じように社会保険料控除の対象となる以上は、確定申告の際に領収書が必要になるのではないかと焦る人も少なくありません。 しかし、国民健康保険については確定申告の際、領収書や支払ったことを証明する書類を添付する必要はありません。 領収書を保管しておく必要もないのです。 納付した金額を申込用紙に記入するだけで大丈夫 領収書などの証明書はとくに必要なく、納付した金額を申告用紙に記入するだけで大丈夫です。 ただし、役所によっては納付書や口座振替で納付する人には、毎年1月下旬に納付済確認書を世帯主宛に郵送するところもあります。 また、役所の税務課の窓口で申請書に記入し、身分確認が済めば、払込確認書を無料で交付するところもあります。 不安な場合は、自治体の税務課に問い合わせてみましょう。 国民健康保険料控除では控除証明書は必要ない よく、確定申告で社会保険料を控除するためには、控除証明書が必要だと思っている人がいます。 控除証明書とは、社会保険料の確定申告をする際に、納税者が支払った税金などの控除を行うために必要な提出書類です。 しかし、結論からいうと、生命保険料控除などでは控除証明書が必要ですが、国民健康保険料控除では必要ありません。 自分がどちらの保険に入っているかをきちんと確認して、必要に応じて提出しましょう。 確定申告で国民健康保険を控除するために領収書は不要!申請時には対象期間に注意 確定申告で、国民健康保険を控除する時の領収書について紹介してきましたがいかがでしたか?国民健康保険も、確定申告では社会保険料控除の対象となります。 控除対象になるということを、まずは知っておきましょう。 対象となるのは、確定申告をする前の年の1月1日から12月31日までに納付した国民健康保険の納付金額ですので、領収書は必要ないとはいえ、十分注意しましょう。 これには納付未到来分の保険料を納付した金額も、過年度の保険料を納付した金額も含まれます。 納付した金額を預金通帳で確認し、申告用紙に記入しましょう。 領収書のような証明書が無くても大丈夫です。 領収書が添付されていない場合、納税額を役所で確認することはありますが、書類は受け付けてもらえます。 こちらもあわせて読みたい!.

次の

確定申告に必要な提出書類とは?【初心者向け】

確定申告書 添付書類台紙

確定申告書の書面提出でも、源泉徴収票の添付が不要に 今回は、確定申告書を書面提出する場合でも、源泉徴収票の添付が不要になる、という改正を紹介します。 平成31年(2019年)4月1日以後に提出する確定申告書等について適用されます。 大綱の記述 税制改正大綱の記述を引用します。 次に掲げる書類については、確定申告書等に添付し、又は確定申告書等の提出の際提示することを要しないこととするほか、これに伴う所要の措置を講ずる。 これは、せっかく電子申告で提出したのだから、その後に紙の書類をわざわざ郵送する手間を考慮したものといえます。 その一方で、確定申告書を書面提出する場合は、下のような台紙に源泉徴収票を貼り付けて提出しています。 これは昔からの方法といえます。 改正の影響 今回の改正により、確定申告書の書面提出時において添付していた 源泉徴収票や年間取引報告書は、自分で保管しておけばよく、 確定申告書への添付は不要になります。 この制度は「 平成31年4月1日以後に提出する確定申告書等について適用する」とされていますので、この記事を書いた時点(2018年12月)から見るに、次回の確定申告(2018年分=2019年3月提出期限)は対象外となります。 改正により、電子署名のない電子交付と書面交付は、差し支えのない分野において、事実上同じ扱いになったといえます。 これと比較するに、生命保険料控除、地震保険料控除、寄付金控除の制度では電子署名のあるデータが求められるため、全面的な許容ではないことに留意が必要でしょう。 補足 上記のように考える理由ですが、政府税調に提出された財務省資料(2018年10月)において、その点が告知されていたからです。 そのを見ると、 「源泉徴収票の電子交付を促進しつつ」と簡単に触れた文言があるだけでしたが、それがこの改正を指していると考えられます。 まとめ 「平成31年度税制改正大綱」から、当ブログ独自の注目点を紹介しました。 医療費控除の領収書添付についても、明細書の提出を要件に平成29年分から提出不要とされたことは記憶にあたらしいところです。 これに続いて、源泉徴収票等も平成31年(2019年)4月以降、添付不要となります。 確定申告の簡略化を促進する動きと捉えることができるでしょう。 そもそも、源泉徴収票にかかわる所得や株式等に関わる所得は、マイナンバーでの紐づけがなされているもので、たとえ虚偽申告や書類の改ざんがあったとしても、税務当局においてその捕捉は容易といえます。 また、所得税の確定申告におけるe-Taxの利用率も伸び悩んでおり、書面提出をする人はまだまだ多くいます。 今回の改正は、実務上のコストを省き、制度上の不都合を解消する思い切った取り組みとして評価されてよいでしょう。 カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の

確定申告に必要な提出書類とは?【初心者向け】

確定申告書 添付書類台紙

確定申告をした経験がない人にとっては、添付書類の貼り方はどうするべきか、悩むところでしょう。 確定申告に添付書類が必要とは知らなかったと感じる人は多いですね。 確定申告をする際は、添付書類が必要です。 それはパソコンで作成したとしても添付します。 例外はe-taxというオンラインで内容を送信する場合のみ。 確定申告の添付書類一覧 そもそも添付書類には何が必要なのでしょうか?主なものは以下の通りです。 ・源泉徴収票 ・社会保険料控除関係書類 ・生命保険料控除関係書類 ・地震保険料控除関係書類 ・寄附金控除関係書類 前年度分のこれらの書類をまとめて添付しますので、早いうちから集めて準備しておきましょう。 確定申告に提出する添付書類の貼り方の基本 そもそも確定申告に提出する添付書類の貼り方の基本は、どのようなものでしょうか?まず、どこにどんな貼り方をするか。 現在は、確定申告をパソコンで作成する人が増えています。 必要事項を入力し、いざ最後に印刷となった時がポイントです。 印刷され出て来る用紙の(現在は2枚目)中に、「添付書類台紙」というのがあります。 その台紙に書類を添付してください。 書類の貼り方は台紙に明記してある通りに項目別に添付するだけ 確定申告に提出する添付書類の貼り方について説明しましたが、では実際どのように貼り付けるのでしょうか?求められているのは、項目別に貼り付けることです。 先ほどの台紙の中にすでに、上記の項目(源泉徴収票、社会保険料関係書類、生命保険料控除関係書類など が記載されており、そこに貼るよう明記されています。 ですから、その項目の場所にそれぞれの添付書類を貼り付ければ問題ありません。 確定申告の添付書類の貼り方における注意点 始めて何かの作業に取り組む時は誰しもが不安を感じ、あれはどうするのだろう、これはどうするのだろうと感じるものです。 例えば、実際何で貼るのか?沢山の書類をどうやって貼るのか?といった点です。 確定申告で提出する書類を添付する際の注意点について説明しましょう。 添付書類は取れないようにのりでしっかりと添付する 確定申告の添付書類は実際に何で貼るのでしょうか?基本的には糊で貼ります。 セロテープがNGというわけではありませんが、劣化の可能性を考慮すると、避けた方が無難でしょう。 ホッチキスは難しいです。 用紙の体裁上、全て左端に留めるのでなく上から順番に降段していくためです。 加えて、沢山の書類をどうやって貼るのでしょうか?書類が沢山ある場合は、上から一枚ずつずらしては貼るイメージになります。 書類は全体を貼るのでなく、書類の上段1cmぐらいをのりで貼ります。 確定申告で提出する書類は台紙に項目別でのりを使って添付すること 確定申告の添付書類の貼り方を知らない人にとっては、イメージも湧かず、不安でしかありません。 しかし、一度聞くと、それほど難しいものでもありません。 まずは実行してみましょう。 確定申告の添付書類は、期限に十分な余裕を持って準備しておきます。 そうすれば、確定申告 、添付書類、貼り方はもう完璧です。 後回しにして、確定申告の期限までに間に合わなかった、ということのないように注意しましょう。

次の