マイキー id。 【マイナポイントの予約】マイキーIDを発行してみた!スマホアプリやパソコンでの設定方法を解説│HARUKALOG /ハルカログ

【マイナポイントの予約】マイキーIDを発行してみた!スマホアプリやパソコンでの設定方法を解説│HARUKALOG /ハルカログ

マイキー id

マイナポイントとは マイナポイントとは、一定金額を前払いした者に対して、国がマイナンバーカードを活用したポイント「マイナポイント」を付与する制度です。 マイナポイントの利用用途としては「スマホによるQRコード決済」や「オンラインショップでのポイント利用」などが挙げられますが、具体的な内容については今後決まる予定となっています。 マイナポイントはいつから始まる? マイナポイントは令和2年度に実施予定です。 マイキーIDの登録が必須!マイナポイント利用のための設定とは マイナポイントを利用するためには、最初に2つの用意が必要です。 1つ目は、マイナンバーカードの発行となります。 「マイナンバー通知カード」ではマイナポイントを利用することができません。 そのため、通知カードしか持っていない場合は、まずはマイナンバーカードを作成する必要があります。 マイナンバーカードの申請は、パソコン・スマートフォン・郵送・街中にある証明写真機などを用いて無料でできるので安心してください。 2つ目は、マイナポイントを利用するための専用のIDが必要となります。 住んでいる市町村から、マイナンバーカードを取得したら、専用IDとなる「マイキーID」を設定してください。 マイキーIDの設定には、マイナンバーを取得した際に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」が求められます。 この項目では、マイナポイントを利用するために必要なマイキーIDの設定手順を解説します。 マイキーID登録方法 マイキー登録を行うためにはさまざまな方法があります。 自宅で登録を行いたい場合は、パソコンと公的個人認証サービスに対応したICカードリーダが必要です。 公的個人認証サービスとは、他人のなりすましや電子データの改ざんなどがされていないことを確認することを主体に置いた方法を、全国のどの場所に住んでいる人でも安価に提供するもの。 パソコン以外にも、公的個人認証サービスに対応したスマートフォンでも手続きできます。 もし、上記の手順ができない場合は、居住している自治体でマイキーID登録窓口を用意している場合もあり、確認が必要です。 「マイキープラットフォーム」を検索 公的個人認証サービスに対応したスマートフォン・パソコンを利用している方は、インターネットより「マイキープラットフォーム」を検索します。 サイトをクリックした後に、「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールを行いましょう。 マイナンバーカード読み取り 「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストール完了後、ソフトを起動します。 起動後画面にある「マイキーIDの発行」をクリックし、マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取りを行いましょう。 マイキーIDの作成 読み取りが完了すると、マイキーIDがランダムな文字列で自動生成されます。 ひとまず8桁のマイキーIDが付与されますが、このIDは後ほど自身の好きなIDに変更が可能です。 マイキーID登録後 マイキーID登録には、マイナンバーカードを利用しますが、個人機密情報になり得るマイナンバーを利用しません。 マイナンバーカードの機能を利用して、マイキーIDを作成する点を覚えておきましょう。 マイキーIDはセキュリティ的に大丈夫なの? マイナンバーカードを利用してマイキーIDを生成することを考えると、マイナンバー流出のリスクを恐れる方も多いのではないでしょうか? 次に、マイナポイントのセキュリティ面について解説します。 マイナンバーカードはポイント情報を保持しない マイナンバーカードをかざして、マイキーIDを発行することからマイナンバーカードに情報が保持されると考える方は多いかもしれませんが、実際には、マイナポイントはマイナンバーカードに貯めるものではありません。 ポイント利用に関する情報についても、マイナンバーカードで保持しないことを覚えておきましょう。 マイナンバーカードとマイキープラットフォームの関係 それでは、マイナンバーカードをマイキーIDを発行するときにかざす理由は何なのでしょうか? マイナンバーカードには「券面に印刷されたマイナンバー」とICチップ内には「電子証明書」が格納されています。 マイキープラットフォームにログインする際には、この電子証明書を読み取っており、読み取った電子証明書にはマイナンバーは含まれていないのです。 このように、実際にはマイナンバーが利用されるわけではないことを覚えておきましょう。 マイナポイント利用にはマイキーID登録が必須!設定方法を覚えておこう 今回は、マイナンバーカードを利用したマイナポイントの参加方法について解説しました。 マイナポイントを貯めるにはマイキーIDの登録が必要です。 マイナポイント制度が始まるのは令和2年ですが、事前にマイキーID登録を行っておくと駆け込み需要などに巻き込まれずにいち早く利用可能となります。 今のうちにマイナポイントについて詳しく知り、マイキーID登録を行っておきましょう。 関連する記事•

次の

マイナポイントの予約・申込方法

マイキー id

マイキーIDとは? マイキーIDとは、 マイナンバーカードと連携させることができるIDです。 マイキーIDはマイナンバーカードを取得してから作成します。 マイキーIDを登録することで自治体ポイントやマイナポイントを利用することが出来るようになります。 自治体ポイントを活用したスキームの総称を、 マイキープラットフォームと呼び、商店街にある商店、美術館・博物館、その他公共施設などが加盟店として参加しています。 さらに、イベントやオンラインショップなど、商品の購入や入場料としても利用することができます。 マイナポイントはポイント還元事業の期間が終了後、2020年7月以降に消費活性化策として実施される予定です。 25%還元なのでインパクトのある施策と言えます。 マイナポイントの詳細は、『』の記事を詳しく記載しています。 は別の記事に詳しく記載しています。 自治体ポイントを貯めるには? 地域経済応援ポイント協力という制度があるのですが、それぞれの 加盟店から付与されたポイントを自治体ポイントとして集約できる仕組みとなっています。 また、自治体が管理している行政ポイントというのがあって、地域振興へ貢献した活動をすることで、自治体ポイントを付与されることもあります。 さらに、個人的にクレジットなど、キャッシュレス決済をした際に付与されるポイントを、自治体ポイントへ乗り換えるサポートもしています。 自治体ポイントを使用する条件とは? 自治体ポイントを使用するには、 マイナンバーカードの交付が必要となっています。 住民票を取得している方であれば、マイナンバーが記載されている通知カードを所持していると思われますが、通知カードを持っている人であれば、どなたでもマイナンバーカードを作れることができます。 ただし、 マイナンバーカードを所持しているからといって自治体ポイントを利用できるわけではありません。 マイナンバーカード自体には、対象となる施設で提示すると、特典やポイントが付与されることになりますが、ポイントを利用するためには、 マイキープラットフォームで管理している専用サイトへアクセスする必要があります。 そのために必要なアイテムとして、 マイキーIDが必要となってきます。 ・マイナンバーカードの交付 ・マイキーIDの登録 が条件となっています。 かなり条件の良いポイント付与となっていますので、今のうちに準備することをお勧めします。 マイキーIDのまとめ 自治体ポイントを活用したスキームの総称を、マイキープラットフォームと呼びますが、自治体ポイントを利用するには、マイナンバーカードの交付と、マイキーIDの登録が必要となります。 マイキーIDの登録方法は、インターネット環境が備わっているパソコン、マイナンバーカードを認証できるカードリーダーライター、専用ソフトウェアのインストールを準備しなければなりません。 自治体ポイントは、総務省が検討している消費活性化策(マイナポイント)と連動することが予測されます。 消費税増税、キャッシュレス・消費者還元事業、マイナンバーカード、マイキーIDと組み合わせることで、中小・小規模事業者や地域振興に対して、さらなる貢献へ役立つのではないでしょうか。

次の

マイナポイントに必要なマイキーIDの登録・設定方法を解説!

マイキー id

マイナポイントとは マイナポイントとは、一定金額を前払いした者に対して、国がマイナンバーカードを活用したポイント「マイナポイント」を付与する制度です。 マイナポイントの利用用途としては「スマホによるQRコード決済」や「オンラインショップでのポイント利用」などが挙げられますが、具体的な内容については今後決まる予定となっています。 マイナポイントはいつから始まる? マイナポイントは令和2年度に実施予定です。 マイキーIDの登録が必須!マイナポイント利用のための設定とは マイナポイントを利用するためには、最初に2つの用意が必要です。 1つ目は、マイナンバーカードの発行となります。 「マイナンバー通知カード」ではマイナポイントを利用することができません。 そのため、通知カードしか持っていない場合は、まずはマイナンバーカードを作成する必要があります。 マイナンバーカードの申請は、パソコン・スマートフォン・郵送・街中にある証明写真機などを用いて無料でできるので安心してください。 2つ目は、マイナポイントを利用するための専用のIDが必要となります。 住んでいる市町村から、マイナンバーカードを取得したら、専用IDとなる「マイキーID」を設定してください。 マイキーIDの設定には、マイナンバーを取得した際に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」が求められます。 この項目では、マイナポイントを利用するために必要なマイキーIDの設定手順を解説します。 マイキーID登録方法 マイキー登録を行うためにはさまざまな方法があります。 自宅で登録を行いたい場合は、パソコンと公的個人認証サービスに対応したICカードリーダが必要です。 公的個人認証サービスとは、他人のなりすましや電子データの改ざんなどがされていないことを確認することを主体に置いた方法を、全国のどの場所に住んでいる人でも安価に提供するもの。 パソコン以外にも、公的個人認証サービスに対応したスマートフォンでも手続きできます。 もし、上記の手順ができない場合は、居住している自治体でマイキーID登録窓口を用意している場合もあり、確認が必要です。 「マイキープラットフォーム」を検索 公的個人認証サービスに対応したスマートフォン・パソコンを利用している方は、インターネットより「マイキープラットフォーム」を検索します。 サイトをクリックした後に、「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールを行いましょう。 マイナンバーカード読み取り 「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストール完了後、ソフトを起動します。 起動後画面にある「マイキーIDの発行」をクリックし、マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取りを行いましょう。 マイキーIDの作成 読み取りが完了すると、マイキーIDがランダムな文字列で自動生成されます。 ひとまず8桁のマイキーIDが付与されますが、このIDは後ほど自身の好きなIDに変更が可能です。 マイキーID登録後 マイキーID登録には、マイナンバーカードを利用しますが、個人機密情報になり得るマイナンバーを利用しません。 マイナンバーカードの機能を利用して、マイキーIDを作成する点を覚えておきましょう。 マイキーIDはセキュリティ的に大丈夫なの? マイナンバーカードを利用してマイキーIDを生成することを考えると、マイナンバー流出のリスクを恐れる方も多いのではないでしょうか? 次に、マイナポイントのセキュリティ面について解説します。 マイナンバーカードはポイント情報を保持しない マイナンバーカードをかざして、マイキーIDを発行することからマイナンバーカードに情報が保持されると考える方は多いかもしれませんが、実際には、マイナポイントはマイナンバーカードに貯めるものではありません。 ポイント利用に関する情報についても、マイナンバーカードで保持しないことを覚えておきましょう。 マイナンバーカードとマイキープラットフォームの関係 それでは、マイナンバーカードをマイキーIDを発行するときにかざす理由は何なのでしょうか? マイナンバーカードには「券面に印刷されたマイナンバー」とICチップ内には「電子証明書」が格納されています。 マイキープラットフォームにログインする際には、この電子証明書を読み取っており、読み取った電子証明書にはマイナンバーは含まれていないのです。 このように、実際にはマイナンバーが利用されるわけではないことを覚えておきましょう。 マイナポイント利用にはマイキーID登録が必須!設定方法を覚えておこう 今回は、マイナンバーカードを利用したマイナポイントの参加方法について解説しました。 マイナポイントを貯めるにはマイキーIDの登録が必要です。 マイナポイント制度が始まるのは令和2年ですが、事前にマイキーID登録を行っておくと駆け込み需要などに巻き込まれずにいち早く利用可能となります。 今のうちにマイナポイントについて詳しく知り、マイキーID登録を行っておきましょう。 関連する記事•

次の