モンスト つらら。 【モンスト】雪女つららの適正キャラと攻略方法【激究極】|ゲームエイト

ツララモンストロ710導入 × 試し投げ × 4投目で…

モンスト つらら

【Record mundial :世界記録】 モンストロシリーズのバットに刻まれた言葉。 記憶に新しい、琵琶湖におけるラージマウスバス世界記録の更新。 別次元とも言える、琵琶湖に生息するモンスターバス達。 琵琶湖に数多く生息してると推測される、70センチを超えるサイズのバス。 その中でも70センチを遥かに超える琵琶湖MAX級のサイズは、既に怪魚の領域に到達してると言っても過言ではない。 口を使ったMAX級の、規格外に分厚い口を確実に深くフッキングさせるための硬さを持ち、フックアップ後のやりとりに必要な粘りとしなやかさを兼ね備えるロッド。 モンストロを使った者だけがわかる、世界記録級と対峙するためパワーと、「獲る」ための粘り。 モンストロシリーズは世界一の湖で世界記録級を獲るために作られた、他のバスロッドとは全く異なったコンセプトの下で開発された竿です。 【繊細かつ、ダイレクトな操作感】 モンストロ71の設計者であるピーター氏が生み出した、もう一つの掛ける為のカタチ。 掛けるためには硬くなくてはならず、獲るためには曲がらなければならない。 その相反する性質を完璧なバランスで融合させたモンストロ71。 そのコンセプトを受け継ぎつつ、よりラバージギングに特化し開発された竿がモンストロ610です。 静の釣りであるボトムでのラバージギングに特化したこのロッドは、琵琶湖の南湖に広がる密度の高いグラスエリアと、北湖を中心としたディープエリアでのダイレクトな操作感を求めて開発が進められました。 日本最大の湖・琵琶湖のラバージグゲームにおいて、アングラーはフッキングやアクションを妨げる様々な要因とも戦わなくてはなりません。 例えば湖流によるラインスラッグ、またはナチュラルステイの為に生まれた任意のラインスラッグ。 クイックで繊細なルアーアクションにおいても同様です。 深い湖底に沈むラバージグをナチュラルに、時には素早くアクションを加え、アングラーの意のままにフッキングからランディングまでをより確実なものにする。 モンストロ610はそれらの要素に高次元に対応するために開発されました。 モンストロ71はジグを巻いて獲るための要素が詰め込まれたロッドであることに対して、モンストロ610はジグを自在に動かす「操作系の釣り」に特化しているロッドと言えます。 若干の先おもりを持たせることで、竿先を揺らさないリーリングを重視したバランスのモンストロ71。 一方、モンストロ610は繊細なアクションを多用するラバージギングの釣りに最適な重量バランスで設計されています。 硬くてもしっかり曲がるツララブランクスと最適な重量バランスにより、1日を通してラバージグを使用した際の疲労感を軽減します。 ラバージグを機敏に動かし、ウィードを自在に切ることができ、しかもビッグバスの硬い上顎を瞬間的に貫くことが出来る硬いティップセクション。 フッキングのパワーをティップからバットへとナチュラルに移行させる為の、適度な張りのあるベリーセクション。 そしてモンスタークラスのバスを軽々と引き寄せ、しっかりと曲がる驚異的なトルクを持つバットセクション。 それらを全て併せ持ち操作系の釣りに特化したロッド。 一見穏やかに見える静の釣りから、ドラマチックな展開へと変化させるために確実に掛ける。 それがモンストロ610です。 【世界記録級はあなたの気配に気付いている】 超遠投に特化したモンストロです。 開発者の 呉 行修 氏が、多くのユーザーから愛されるエルホリゾンテ78をベースに、ワンランクパワーアップ、ガイドの小口径化、ロングレングス化を施したロッドとなります。 飛距離の必要な琵琶湖での釣り。 超遠投に特化し、気配に敏感なモンスターサイズをロングディスタンスから仕留めるために開発されたロッドです。 遠投性能はもちろん、特筆すべきはその投げ心持。 話題のアラバマリグや、ロングリーダーのヘビーキャロライナリグ等投げづらいルアーも、気持よく遠投可能なロッドに仕上がりました。 遠投に特化していると言っても、琵琶湖に潜むMAX級、世界記録クラスを獲ることを視野に入れたロッドです。 そためのパワー、粘りを持ちあわせていることは言うまでもありません。 エルホリゾンテ78譲りの素直なテーパーは巻物にも最適なロッドです。 【モンストロシリーズの礎となるモデル】 設計者である呉 行修 氏がエルホリゾンテ78をチューニングして使っていたのがこのロッドの始まりでした。 ガイドの小口径化、バット部のパワーアップ、若干のショートレングス化等、モンストロシリーズは琵琶湖のMAXサイズのバスを獲るためにより特化したツララロッドと言えます。 モンストロ75は呉氏曰く、「モンスターバス相手に高い汎用性を持ち、疲れない竿。 」ウィードを切るための硬さと、モンスターバスを獲るための粘りを持ち、チャターベイトやスコーン、テキサスリグからビッグベイトまで高い汎用性を持つロッド。 MAXサイズのバスを強引にねじ伏せるパワーを持ちながらも、ルアーの高い操作性を併せ持ちます。 モンストロ75は硬いが曲がる、シャープだが粘る。 相反する性能を内包するモンストロシリーズの、対モンスターバス用バーサタイルロッドです。 【高次元での剛・柔の融合】 幾度となく繰り返したMAXサイズとのやり取り。 数多く釣り上げた60アップ。 粘ろうとすると掛からない。 掛けようとすると粘らない。 相反する性質を高次元で融合させたロッドがモンストロ71です。 設計者であるピーター氏が求めていたのは、スコーンリグを用いた【トロ巻き】での、ウィードカット性能とフッキング性能の両方を兼ね備え、更にはMAX級の突進もいとも簡単にかわせるロッドでした。 たどり着いたのは掛けるための硬いティップベリーを持ちながら、獲るための中低弾性の粘りをいかした特殊テーパー。 ツララブランクスの剛性と粘りをいかした、かつて無いテーパー設計のロッドとなっております。 その際の身体への負担は計り知れませんので、負担の軽減も重要な命題でした。 ツララブランクスのしなりと粘り、ツララロッド共通の重量バランスは、キャストアクション時の身体への負担も軽減いたしました。 掛けた後に待ち受けるのはツララブランクス特有の驚異的な粘り。 モンストロ71は掛けて獲る釣りを極限まで高めた最高のパワーロッドです。

次の

ツララモンストロの全ラインナップ10!710や75のインプレも解説!

モンスト つらら

シャローでの鮎の当たりすらわかります。 一軍ロッドです。 軽いモノは少し辛いですがとにかく遠投出来て感度良くて魚掛けても余裕持って揚げられます。 バイブレーションとかスピナベなんかの巻くモノを使う機会があれば、83よりこっちですか・・・ バランスもよく、アンタレス12とかエクスセンスDCなんかだとベストマッチでした。 メタマグ13とメタV2とかは軽くて、先重り感が出てしまったので、自分的にはNG 来月からボートでの釣行が増えるので、当分はモンス75とコンビで使う予定! トルクが強くバネ・竹のような、リフティング力もかなりのレベル。 ブランクが艶消しになった。 一日中使って疲れない。 ロングキャストのフッキングはオモチャの竿もどきと本物との差。 夜、足元でヒットした4. 2Kは1. 5秒瞬殺上陸 生きている子です。 艶消しのブランクだがテカっている。 ティップもしなやか食い込みもいいカナリ、でも究極オカッパリロッドとしては重い、艶があるブランクが妥協できなく、モンストロ710を使ってます。 モンストロ710を大型ガイドにして、コルクグリップからハイパロンに、ほんまに実用性重視ストイックに進化してほしい。 参考に。 なおかつシーバスで必要な飛距離が出せるロッド。 太いPE使って、フッキング完全に決まれば ランカーも強引に引き寄せる。 一日投げたおすのはちょっとね。 一日投げていても同スペックのロッドよりもあきらかに疲労感が少ない。 アンタレスHG使用で100m近くの飛距離を稼げる。 硬い竿なのに、魚が掛かると綺麗に曲がる。 投げられるルアーの幅が広い 12g〜200gくらい? スペックは申し分なし。

次の

【モンスト】降臨スケジュール(イベントクエスト)

モンスト つらら

2019NEW リニューアルモデル Monstruo モンストロ 82 アンドレ ANDORE 巨人の名を冠するモンストロ。 昨今のバスフィッシングにおける巨大化するルアー。 キログラムサイズのルアーをキャスティングで使用するという異常事態。 バスロッドに求められる一番の基本性能は、『ルアーをキャスト出来る』という事です。 そして、恐竜の進化の如き巨大化を遂げたルアー達を投げる為に生まれたロッド。 それが、呉 行修 氏プロデュース Monstruo 82 ANDREです。 ロッドパワーはバスロッドのそれを完全に逸脱。 決して通常サイズのビッグベイトや、ヘビールアーを扱いやすいロッドではありません。 ですが、300gを超えるジャイアントベイトには圧倒的な使いやすさを誇ります。 適正ウェイトのジャイアントベイトを扱う際の使用感、安心感は折り紙つき。 ありがちな硬いだけのロッドではなく、魚を掛けたらしっかりと曲がる。 巨大なルアーで巨大なバスを釣る事を突き詰めた、最強のスペシャルロッドです。 昨今のバスフィッシングにおける巨大化するルアー。 キログラムサイズのルアーをキャスティングで使用するという異常事態。 バスロッドに求められる一番の基本性能は、『ルアーをキャスト出来る』という事です。 そして、恐竜の進化の如き巨大化を遂げたルアー達を投げる為に生まれたロッド。 それが、呉 行修 氏プロデュース Monstruo 82 ANDREです。 ロッドパワーはバスロッドのそれを完全に逸脱。 決して通常サイズのビッグベイトや、ヘビールアーを扱いやすいロッドではありません。 ですが、300gを超えるジャイアントベイトには圧倒的な使いやすさを誇ります。 適正ウェイトのジャイアントベイトを扱う際の使用感、安心感は折り紙つき。 ありがちな硬いだけのロッドではなく、魚を掛けたらしっかりと曲がる。 巨大なルアーで巨大なバスを釣る事を突き詰めた、最強のスペシャルロッドです。 キロ超級ルアーを力まず、投げやすく。 キロ超級ルアーを投げやすくする目的はもちろん、ジャイアントベイト全般を、力まず投げる為のショートロッド。 ジャイアントベイトで800gないくらいの重さなら、まだ曲がってないレベル。 大きいルアーの威力は確かに絶大ですが、ここから先は人間側との体力との勝負です。 ショートロッドにすることにより、遠心力で増大する負担を軽減し、より重いルアーを扱えるようになります。 飛距離はアンドレよりも落ちますが、手返しが圧倒的に早いのが特徴。 狙った位置、区間を効率よくトレースできます。 トーナメント規格外の長さとなる8ft越えの遠くからのシューティングで、人の気配を気づかせない、「忍びの釣り」をコンセプトにライトリグからキャロまで、一投内でで広い範囲を探ることができます。 気づいたときには釣られている、の忍びの世界を体感してください。 g : 1. 2ozクラスのルアー中心に大型ルアーが遥か彼方まで遠投でき、かつそのクラスのルアーを巻いて受け止めるブランクで、汎用性も十分な正にツララらしい一本となっています。 掛けてからは魚に何も抵抗させず非常に短時間かつスムーズにランディングに持ち込めます。 この一本でカバーできる釣りが大きく広がる事でしょう。 スコーンやウェイテッドリグ、テキサスを始め、バイブレーションやミノーなど、使用出来る【幅】はレコードムンディアル故のパワーアドバンテージが可能にします。 これがモンストロ66sの開発コンセプトです。 厳冬期の残存ウィード攻略こそが、全ての季節の鍵 ウィードエリアでのスピニングゲームに求められる性能は全てにおいて非常にシビアです。 厳寒期に必須となる、喰わせの余裕のあるティップセクションでありながら、状態の悪い残存ウィードもかわせる張りを持つ絶妙なピンスポットセッティング。 真冬の残存ウィードでネコリグがこなせれば、当然ながら状態のよい最盛期のウィードも攻略が可能になるのは必然です。 この時期に重点をおいて反復しての開発ができたため、モンストロ66sは対ウィード完全対応のスピニングロッドとなったことが証明できました。 シリーズ唯一の軽量パワーファイトモデル ファイト時はゴリ巻きの強引なファイトに耐えうる高い耐久性と、ロクマルクラスでは余裕を感じるほどの太いトルクを持たせておきながら、細かな操作を手首で行うスピニングのフィーリングにおいて使用感の軽さの追求も必須。 モンストロシリーズ全体のコスメのデザインを見直しつつ、最終的に自重110gという形でその全てをクリアしました。 g : 1. 琵琶湖におけるバーサタイルロッドの一つの答え。 ピーター氏が、琵琶湖におけるバーサタイルモデルとして冬のメタルバイブから始まる、オールシーズン通しての各シュチュエーションでの使いやすさを追究して開発したロッドです。 幅広い汎用性を持たせた、細身ヘビーロッド。 セミマイクロガイドのスパイラルセッティングにより、縦捌き時のライントラブルが激減。 柔軟なテーパーにも関わらず高い操作感を実現。 ノーシンカーワーム、ライトテキサス、ヘビーダウンショット、トップウォータープラグに至るまで、非常に幅広い汎用性を持たせた、細身ヘビーロッド。 モンストロ74の最大の特徴はセミマイクロガイドのスパイラルセッティング。 このガイドセッティング採用により、縦捌き時のライントラブルが激減し、柔軟なテーパーにも関わらず高い操作感を実現。 キャスト時においても安定した飛距離と抜群のキャストフィールを獲得しました。 そして、ファイト時の【溜め】【キャストの飛距離】【アクション】、全てにおいて高い次元で大型の魚に対応出来る、こだわりのグリップレングス。 リールを搭載し、ひとたびロッドを構えれば、グリップレングス、重量バランスともに完璧なバランスであることに気づいて頂けるはずです。 軽快な使用感を備えながらも、モンストロの使命である世界記録級のモンスターと渡り合うパワーは、当然必要十分に持ち合わせています。 琵琶湖におけるバーサタイルロッドの一つの答え。 それがモンストロ74です。 ヘビーロッドではキャストしづらいルアー全般を、ロッド全体をしっかりとしならせてキャストすることができます。 一見するとライトテキサスから巻物系プラグまで、使い心地の馴染むミディアムヘビーなロッド。 しかし、モンストロシリーズのコンセプトは不変です。 バットまで曲がり込んだときから、突然安心感の有るモンスターロッドへと変貌。 バット部を使った大型魚のリフティングファイトを可能にしました。 ワーミングの使用では魚に違和感なくしっかりと食い込ませ、余裕を持って口元にスイープに掛けていくことを目指し、バイブレーションやシャロークランク使用時には絡めとるようにフックアップし、スムーズにファイトに持ち込むことが可能。 低水温期における、ビッグベイトのスロー巻きメソッドにも対応。 ロッド自重の軽量化による取り回しの良さと、感度の向上、キャストフィーリングを追求し、モンストロ79は小口径ガイドを採用しました。 勿論、モンストロシリーズ共通の強靭なバットパワーはライトモデルでも健在。 2018NEW Monstruo モンストロ 75 モンスター・バーサタイル。 固いが曲がる、シャープだが粘る。 設計者である呉 行修 氏がエルホリゾンテ78をチューニングして使っていたのがこのロッドの始まり。 【モンストロシリーズの礎となるモデル】 エルホリゾンテ78をベースに、ガイドの小口径化・バット部のパワーアップ・若干のショートレングス化等・モンストロシリーズは琵琶湖のMAXサイズのバスを獲るためにより特化したツララロッドと言えます。 モンストロ75は硬いが曲がる、シャープだが粘る。 相反する性能を内包するモンストロシリーズの、対モンスターバス用バーサタイルロッドです。 「モンスターバス相手に高い汎用性を持ち、疲れない竿。 」 ウィードを切るための硬さと、モンスターバスを獲るための粘りを持ち、チャターベイトやスコーン、テキサスリグからビッグベイトまで高い汎用性を持つロッド。 MAXサイズのバスを強引にねじ伏せるパワーを持ちながらも、ルアーの高い操作性を併せ持ちます。 開発者の 呉 行修 氏が、多くのユーザーから愛されるエルホリゾンテ78をベースに、ワンランクパワーアップ・ガイドの小口径化・ロングレングス化を施したロッドとなります。 飛距離の必要な琵琶湖での釣り。 気配に敏感なモンスターサイズに気配を悟られないようロングディスタンスから仕留めるために開発されたロッドです。 開発者であるピーター氏が求めていたのは、スコーンリグを用いた【トロ巻き】での、ウィードカット性能とフッキング性能の両方を兼ね備え、更にはMAX級の突進もいとも簡単にかわせるロッドでした。 掛けて獲る。 ダイレクトな操作感と魚を逃さないネバり。 モンストロ71は掛けるための硬いティップ~ベリーを持ちながら、獲るための中低弾性のネバりをいかした特殊テーパー。 ツララブランクスの剛性とネバりをいかした、かつて無いテーパー設計のロッドです。 その際の身体への負担は計り知れません。 ロッド使用時における釣り人への負担軽減も重要な命題でした。 ツララブランクスのしなりとネバり、ツララロッド共通の重量バランスは、キャストアクション時の身体への負担も大幅に軽減。 掛けた後に待ち受けるのはツララブランクス特有の驚異的なネバり。 モンストロ71は掛けて獲る釣りを極限まで高めた最高のパワーロッドです。 Monstruo70Sは相反する要素を素直なテーパーで融合させた、ライトバーサタイルスピニングモデルです。 ライトモデルとはいえ、モンスターバスを獲るためのモンストロの血脈はしっかりと受け継がれており、ソフトなティップと素直なテーパーを持つこのロッドは、ライトリグ、ライトプラッギングに幅広い汎用性を発揮。 勿論、琵琶湖における定番リグである、スワンプクローラー等を用いたライトなネコリグにも最適。 ファイトの際は、バットまで曲げ切ることでロクマルオーバーのバスと渡り合える強靭なトルクを発揮。 繊細なアクションで食わせ、ブランクスをしっかり曲げて確実に獲る。 そんな、基本に忠実で、高い汎用性を持つモンスターバス対応のライトスピニングロッドとなっております。 g : 1. 乗せ重視、なのにシェイキングを快適にこなすロングフィネスロッド。 5 Rod Wt. g :131 Mono Line lb,MAX :8 PE ,MAX :1 Cast Wt. g :1. 文字どおり、なんでも狙っていい竿なのです。 TC200ベイトモデルはメモリアルな大型魚のチャンスを逃さないように粘り強く、クランクベイトから1. 5ozクラスのビッグベイトまで幅広いルアーを扱える強めの設定です。 文字どおり、なんでも狙っていい竿なのです。 TS200スピニングモデルは、軽量ジグヘッドから小型クランクベイトやミノーを快適にキャストすることができたり、アジ、メバルクラスからバスクラスまでの魚を楽しく釣ることができるライト~メディアムなバーサタイル。 g : 1.

次の