針山 作り方。 針山の作り方|ほんわか可愛い!糸も収納できる便利な針山

作り方☆リストバンド付き針山(ピンクッション)

針山 作り方

土台を作る。 円形にグシグシ縫って 蓋を入れる。 絞って 玉止め。 土台を作る。 バラの花の土台を作る。 土台生地をグシ縫いして 綿を入れる(コーヒー豆や髪の毛・羊毛でも OK)• 大きさ的には 土台よりも 一回り小さめに!• 花芯を真ん中に縫い付ける。 花びら生地を半分に折って グシ縫いする。 花芯の上に バランスを考えながら花びらを乗せ 縫い付ける。 大きな花弁も 同様に縫っていく。 (少し絞り加減にして 止める。 5つの花びらをバランスよく並べてみる。 土台よりも少し 小さめの方が綺麗かな?• 花の土台に縫いつける。 葉っぱをつけたかったら この時につけておく。 土台に花を乗せて縫い付けていく。

次の

簡単!ピンクッション針山の作り方!100均保存瓶で手作り

針山 作り方

お家で気軽に豆をひいたものを 買ってきてコーヒーをたてます。 面倒なときは、インスタントですが・・・。 笑 でも、豆から入れたコーヒーは香りといいすごくスキです。。 コーヒーのかすには、色々再利用出来ると知り どうせならとことん使い込んでみようと思います 簡単に作れますので、ぜひコーヒー豆のかすがお家にある方はお試しください! 私はコーヒー豆で作った手作りのピンクッションが一番使い心地がよくて メインに使っているほど。。 スポンサードリンク コーヒー豆再利用ピンクッション(針山)作り方 材料 コーヒ豆のかす大さじ2 よく乾燥させること) 内側の袋用布 断ち切り7. 5x13. 5 外側の布 断ち切り 8x14 お飾り レース少々 内側の布は半分に折り あけ口を残し縫います。 外側のリネンの布は中表に半分に折って わ にして レースを挟む場合はこの時挟み込んで縫います。 布に挟むので、レースは縫い端だけ出た状態です。 こちらも袋のあけくちだけ少し残しておく 内側の袋の布はきめの細かい コットンなどが良いそうです。 縫ったところを返して、コーヒー豆のかすを 入れます。 入れにくいので、紙でろうとを作って入れました。 (手元になかったので) 量はお好みで。。。 あけくちを細かく縫い付けます。 縫ってあった外側の布も、表に返して、内側用の袋を入れます。 同じようにあけくちを細かくまつります。

次の

ピンクッション(針山)の作り方|手作り針刺しの土台や中身は?

針山 作り方

コーヒー豆の油が針を錆びさせないので、針山の中に入れるのに丁度いいですよ。 私は細かい目のザルを持っていないので、コーヒー豆が紙フィルターに入ったままの状態で上から水を流します。 なかなか水位が下がりませんが、放っておくといつの間にか水がなくなります。 私は5回ほど繰り返します。 30グラムほど出来たら下準備OKです。 大きい方の丸布は直径22㎝(表下用1枚、キルト芯2枚、あて布2枚)、小さい方の丸いキルト芯は直径8. (ミシン・ハンドどちらでもOK) 出来た表上用のパッチワーク布+キルト芯+裏布を重ねて周りをしつけして固定します。 表下用の丸いプリント布+キルト芯+裏布と重ねて周りをしつけして固定します。 4分の3ほどグルッとミシン掛けして、下準備したコーヒー豆をまず25g詰めます。 まだ入るようなら5gほど足します。 針山は色々なデザインで作られているのをよく見ます。 コーヒー豆の出がらしを使って、私も可愛い針山をたくさん作っていきたいと思います!! 今度は、再利用して針山にしたものをご紹介したいと思います。 では本日は最後まで読んで下さり有難うございました。 アーカイブ• 7 メタ情報•

次の