西村 京太郎 トラベル ミステリー 71。 人気旅情ミステリーに、サンドウィッチマンがゲスト出演! 『西村京太郎トラベルミステリー71』1月5日(日)よる9時放送!

西村京太郎トラベルミステリー71

西村 京太郎 トラベル ミステリー 71

概要 [ ] 1979年度から2015年度までは「」枠で放送され、2016年度・2017年度は「・土曜ワイド劇場枠」(2016年度・2017年度前半)と「枠」(2017年度後半)で放送され、2018年度からは「枠」で放送されている。 ・大映企画・制作による3作品と、・制作による現在放送中のシリーズがある。 朝日放送版はからまでに3作品が放送され、前後してテレビ朝日版がから放送を開始している。 『西村京太郎トラベルミステリー』のシリーズタイトルは、1989年のテレビ朝日・東映版の第15作「アルプス誘拐ルート」以降に定まったもので、それ以前には放送のたびにさまざまなタイトルが付されていた。 また作曲のテーマ曲が使われたのはテレビ朝日版第4作「寝台特急あかつき殺人事件」からで、前3作品はそれぞれ独自のテーマ曲を使っていた(後述)。 朝日放送・大映版 はが演じ、は綿引洪(現・)が演じ、十津川警部の元部下であるはが演じた。 テレビ朝日・東映版 十津川警部は1981年から1999年まで三橋達也が演じ、2000年からはが演じている。 原作とは異なり、三橋の年齢を考慮して十津川警部があまり動き回らない設定にし、代わってが演じる亀井刑事をメインにしていた。 十津川警部役が高橋に交代して以降は、原作通り十津川警部をメインに描くようになっている。 ナレーションも亀井刑事メイン時代は主に愛川が担当、十津川警部メインになってからもしばらくは作品により愛川が担当していた回があったが、その後は完全に高橋の担当となっている。 亀井刑事は1981年のスタート以来32年にわたって愛川欽也が演じてきたが 、2012年からに交代した(高田純次は2008年の第50作でゲスト出演している)。 愛川が出演していた当時のラストシーンはほぼ全作(一部例外あり)で、事件を総括するような内容の会話を十津川役の三橋・高橋と交わすツーショットシーンとされていた(高田に交代してからはその原則は崩されている)。 十津川警部の元部下である橋本豊は、とが演じた。 西本刑事は第5作から68作までが演じており、歴代シリーズで最長の出演記録となった。 第68作を最後に降板しており、代役は設けられていない。 近年では過去の作品(亀井刑事メイン時代)のリメイク版もいくつか放送されている。 その他 高橋英樹は1990年から1991年にかけてテレビ朝日系の「」で放送された『』3作品ですでに十津川警部を演じていた。 このシリーズでの亀井刑事役はである。 朝日放送・大映版 [ ] 西村京太郎トラベルミステリー ジャンル 原作 脚本 監督 帯盛迪彦 出演者 オープニング を参照 製作 プロデューサー 杉本宏(朝日放送) 島田開(大映企画) 制作 大映企画 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 ・大映企画・の製作。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第1作、第2作は旧芸名の綿引洪で出演) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 ゲスト [ ] 第1作「ブルートレイン・寝台特急殺人事件」(1979年)• 高田(弁護士) -• 田久保涼子 - 第2作「幽霊船の謎」(1980年)• 、、 第3作「北帰行殺人事件」(1982年)• 和田久志 -• 古川みどり(の恋人・女子大生) -• 金子貢太郎 -• 柴田邦彦 -• 市川三郎 -• 君島則文 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - 高橋誠(第1作・第2作)、中川昌(第3作)• 監督 - 、帯盛迪彦• プロデューサー - 杉本宏(朝日放送)、島田開(大映企画)• 制作 - 、大映企画、 放送日程 [ ]• 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 1979年10月20日 ブルートレイン・寝台特急殺人事件 「」 佐々木守 黒田義之 18. ・の製作。 放送枠は「」(第1作 - 第65作)、「・土曜ワイド劇場」(第66作・第67作)、『』(第68作)、『』(第69作 - )。 第70作では本作と同じく原作で、また同じく「土曜ワイド劇場」出身のシリーズである「」とのコラボレーションが行われ 、「鉄道捜査官」から花村乃里子()、手塚真理絵()、大沢次郎(山口竜央)がゲスト出演している。 キャスト [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - (第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、(第34作 - ) 第5作ではが、第28作ではが三橋の代役で出演した。 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第4作 - 第7作・第11作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - 【旧・伴杏里 】(第52作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 演 - 【旧・天原まさみち 】(第35作 - 第52作・第61作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第69作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第1作 - 第57作)、(第58作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 警察関係者 [ ] 演 - (第7作・第8作・第11作・第15作)、(第34作 - 第37作)、(第59作・第61作) 警視庁捜査一課長。 演 - (第26作・第28作・第30作・第32作)、(第45作) 警視庁刑事部長。 十津川班の親族 [ ] 演 - (第36作・第40作・第42作・第46作・第48作・第50作・第52作・第55作・第59作・第61作・第62作) 十津川省三の妻。 演 - (第34作・第40作・第42作・第43作) 亀井定夫の妻。 スタッフ [ ]• 脚本 - 猪又憲吾、名倉勲、亜槍文代、、(第54作)、(第55作・第67作)、森宮栄(第56作・第57作・第63作)、坂田義和(第58作 - 第62作)、(第64作)、(第65作)、(第65作)、(第66作)、(第68作)、(第69作 - )• 音楽 - (第2作・第3作)、(第4作 - )• 監督 - 長谷和夫、島崎喜美男、永野靖忠、、、松島稔、、• ゼネラルプロデューサー - 関拓也(テレビ朝日)• 現プロデューサー - 山川秀樹(テレビ朝日)、河瀬光(東映)• 旧プロデューサー• テレビ朝日 - 宇都宮恭三、白崎英介、佐藤涼一、川田方寿、井上隆、稲垣健司、、大井素宏、高戸晨一、田中芳之、、塙淳一、高橋浩太郎• 東映 - 大久保忠幸、香月純一、、、池ノ上雄一• 制作 - 、 放送日程 [ ] 『 西村京太郎トラベルミステリー 』のシリーズタイトルとなったのは第14作 からである。 第54作からテレビ朝日制作分でのによるをスタートした。 それまでは朝日放送制作分に限られていた。 放送時間は基本的に『』(第65作まで)、『・土曜ワイド劇場』(第65作~第67作)、『』(第69作~)の通常編成時の放送時間に放送。 例外は以下の通り。 第4作、第7作、第9作、第11作、第13作、第15作は21時02分から23時21分までの拡大放送。 第38作、第42作、第47作、第50作、第55作、第57作、第59作、第61作、第62作、第66作は21時00分から23時21分までの拡大放送。 第14作は1990年3月10日に「傑作アンコール特選」として放送。 第17作は1991年2月23日に「傑作アンコール特選」として放送。 第23作は1994年3月12日に「傑作アンコール特選」として放送。 第25作は1995年3月25日に「傑作アンコール特選」として放送。 第54作は21時30分から23時21分までの放送。 第58作は中継のため21時30分から23時36分までの放送。 第60作は2017年6月4日の『』で「ミステリー傑作選」として、短縮版を放送。 第68作は『』で放送。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 [ ] 三橋達也・愛川欽也版 1 1981年10月17日 終着駅〈ターミナル〉殺人事件 「」 猪又憲吾 長谷和夫 24. 5% 69 2018年 09月16日 金沢〜東京殺人ルート 2時間33分の罠 「北陸新幹線殺人事件」 深沢正樹 10. 4% 70 2019年 03月17日 十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子 「びわ湖環状線に死す」 12. 3% 71 2020年 01月 05日 ニセ十津川とニセ亀井!! 「草津逃避行」 11. 2007年のみオリジナル作品は作られなかった。 第1作から第24作まではフィルム撮影、第25作からVTR撮影となっている(第7作と第18作〜第24作はフィルム撮影のVTR編集)。 前述の通り、第4作から甲斐正人作曲によるテーマ音楽が固定され、タイトルバックおよび出演者紹介はショートバージョン、スローバージョンも含め3パターンが用意された。 は第4作から第29作までテーマ音楽のアレンジバージョンが使われたが、第6作、第8作、第9作、第19作、第23作は劇中に挿入された曲がそのまま使用された。 第30作から「土曜ワイド劇場」のエンディングテーマとなったが、「日曜プライム」に移行した第69作から再びテーマ音楽のアレンジバージョンが使用されている。 なお、テーマ音楽は第50作より新録されている。 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] []• 愛川は1995年から『土曜ワイド劇場』のである『』()の司会に就任したが、通常裏番組で見られるような特段の調整は行われず、本番組放送日には同時間帯で重複出演することがあった。 第56作では亀井が青森県警に派遣されていて不在だったが、このシーンは亀井の役割を森本レオ演じる西本刑事が肩代わりする形で収められている。 但し、原作小説やオリジナル版に登場した列車や路線がダイヤ改正で廃止されていることも多く、設定が大幅に異なっている(尤も、本作に限らず列車が舞台になった十津川警部シリーズのドラマ作品ではこうした改変は多く見られる)。 テレ朝POST. テレビ朝日 2019年3月17日. 2020年3月31日閲覧。 第52作から第68作まで。 第49作から第52作まで。 作品によっては「西村京太郎 のトラベルミステリー」「西村京太郎トラベル ・ミステリー」「西村京太郎 ・トラベルミステリー」などの表記揺れがある。 また新聞テレビ欄では「西村京太郎トラベル」と略される場合がある他、「西村京太郎スペシャル」と表記される場合もある。 第14作以前にも『西村京太郎トラベルミステリー』が冠されることはあったが、固定はしていなかった。 劇中のオープニングタイトルでも『西村京太郎トラベルミステリー』と明記されるようになったのは第31作から。 また、主演がに交代した第34作のみ「新西村京太郎トラベルミステリー」。 「土曜ワイド劇場」9周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」10周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」20周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」25周年記念スペシャルとして放送。 テレビ朝日開局45周年記念番組として放送。 「土曜ワイド劇場」特別企画として放送。 - テレビ朝日(アーカイブ)• 「土曜ワイド劇場」30周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局50周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• 「土曜ワイド劇場」35周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局55周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• アリバイトリックが異なる• 2015年1月22日. 2016年1月18日閲覧。 2015年8月28日. 2016年1月18日閲覧。 2016年2月22日. 2016年2月24日閲覧。 2016年7月15日. 2017年2月3日閲覧。 「土曜ワイド劇場」最終回。 2017年4月21日. 2017年6月3日閲覧。 2017年11月10日閲覧。 2019年1月20日閲覧。 2019年4月11日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 外部リンク [ ] テレビ朝日 [ ]• - (2000年10月17日アーカイブ分)• - (2001年3月6日アーカイブ分)• - (2001年12月21日アーカイブ分)• - (2002年1月3日アーカイブ分)• - (2002年12月29日アーカイブ分)• - (2004年10月30日アーカイブ分)• - (2005年1月5日アーカイブ分)• - (2005年3月28日アーカイブ分)• - (2005年12月26日アーカイブ分)• - (2006年7月3日アーカイブ分)• (2008年2月28日アーカイブ分)• - (2007年7月8日アーカイブ分)• - (2016年4月2日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2015年11月14日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2017年9月9日アーカイブ分)• - (2017年8月10日アーカイブ分)• - (2016年9月5日アーカイブ分)• - (2016年9月7日アーカイブ分)• - (2017年3月3日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2018年3月18日アーカイブ分)• - (2017年6月4日アーカイブ分)(再放送)• - (2017年7月1日アーカイブ分)• - (2016年4月6日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2016年5月29日アーカイブ分)• - (2016年6月14日アーカイブ分)• - (2016年10月5日アーカイブ分)• - (2017年5月8日アーカイブ分)• - (2017年9月14日アーカイブ分)• 東映 [ ]• 動画 [ ]• - テレ朝動画•

次の

西村京太郎の人気おすすめランキング10選【賞獲得作品多数】

西村 京太郎 トラベル ミステリー 71

2020年1月5日夜9時からテレビ朝日で『西村京太郎トラベルミステリー71』が放映されます。 いつもこのドラマをみると電車からの風景が旅情あふれており、旅行行った気分になりますよね。 今回の新春スペシャルではなんと、お笑いコンビのサンドウィッチマンがメインゲストで出演するそうです。 しかも、伊達みきおさんが十津川警部の偽物を、富澤たけしさんは亀井刑事の偽物を演じるとのこと。 サンドウィッチマンが下の2人になる? どのように偽物感を出すのですかね。 本物のように迫力はあるのでしょうか?でも2人とも強面ですので刑事役は案外あっているかもですね。 1コンビ》が激突するということで番組宣伝でかなり煽ってます。 とても楽しみです。 十津川達はニセの2人組を探す。 といった展開です。 サンドの偽物はなぜ十津川警部と亀井刑事のことを知っていたのですかね。 なぜ2人になりすましたのか?裏にはどのような事情があるのでしょうか。。。 スポンサーリンク 西村京太郎トラベルミステリー71 サンドと出演者のインタビュー・感想 東映のサイトからを抜粋しました。 詳細は直接ご確認くださいね。 サンド(富澤さん) 「最初は、ちょっと何言ってるかわかんないな、と思いました 笑。 ちゃんとやらなくちゃ、と思いました」 サンド(伊達さん) 「『トラベルミステリー』シリーズは大好きでよく見ていたので、まさか出演させていただけるなんて…しかも十津川警部のニセモノを演じるなんて…とパニックになりました。 高田純二さん 「お2人は雰囲気があるから、僕のほうこそ、もう少し雰囲気を出さないといけないなと思いました 笑。 今後、お2人にはたくさん役者のオファーが来るんじゃないかな」とサンドウィッチマンの演技を絶賛。 さて気になったのでサンドウィッチマンの過去の出演番組をで確認しました。 ハチワンダイバー(フジテレビ) — ドラマ初出演 土曜ワイド劇場『刑事殺し』(2009年8月22日、朝日放送) — 島田清二 役(伊達)、友永靖男 役(富澤) 特集ドラマ かつお(2013年12月18日、NHK仙台) — 巡査 役 独眼竜 花嫁道中(2015年7月29日、NHK仙台) 大恋愛〜僕を忘れる君と(2018年10月12日 — 12月14日、TBS)-木村明男 役(富澤) スポンサーリンク 西村京太郎トラベルミステリー71 登場人物 十津川警部 …… 高橋英樹 達川幹生 ……… 伊達みきお 富山岳史 ……… 富澤たけし 三枝しのぶ …… とよた真帆 細野真美子 …… 宮澤佐江 百瀬敏郎 ……… 矢島健一 久保田あかね … 伴 アンリ 北条早苗 ……… 山村紅葉 柿沼浩輔 ……… 葛山信吾 亀井刑事 ……… 高田純次 まとめ 十津川警部シリーズといえば渡瀬恒彦さん 2時間サスペンスの十津川警部はよく聞きませんか? それは今回放映されるテレビ朝日だけではなく、TBS系でも放送しているからです。 わたしは渡瀬恒彦さんが出演する十津川警部が大好きで毎回見てました。 渡瀬恒彦さんは数々の刑事役を演じてますが、この十津川警部がハマり役でした。 人情があって心が強くてこんな警部の部下になりたいと思ったものです。 日本で一番多く十津川警部を演じているのが渡瀬さんなのです。 そして亀井刑事は伊東四朗さんで名コンビでした。 同一俳優コンビによる共演最多回数の記録を更新してます。 渡瀬さんは残念ながら2017年3月に逝去されてしまい、その後2016年4月から内藤剛志さんと石丸謙二郎の新コンビに交代し、『新・十津川警部シリーズ』として2017年1月から放送が開始されました。 単発ドラマなので今度はいつ放映があるか分かりませんが、こちらのコンビもみてみたいですね。 まとめ 本作では、本物の十津川&亀井とニセモノ2人組が対峙する場面もあり、このシーンでは高橋の発する威圧感に、伊達が思わずビビッて噛んでしまったという裏話があります。 偽物と本物が激突するところが見ものですね。 どのようなドラマの展開になるのか?犯人は誰なのか? 放映後、またネタバレ記事を書きますので是非楽しみにしてください。 スポンサーリンク.

次の

西村京太郎トラベルミステリー過去~最新動画フル無料視聴見逃し配信はこちら!

西村 京太郎 トラベル ミステリー 71

西村京太郎トラベルミステリー68 山形・陸羽西線に消えた女 2017年9月 テレビ朝日・ミステリースペシャルで2017年9月20日に放送されます。 「西村京太郎トラベルミステリー」について テレビ朝日・土曜ワイド劇場で放送されている西村京太郎の推理小説「十津川警部シリーズ」を原作とする刑事ドラマシリーズ。 亀井刑事役は綿引洪(綿引勝彦)さん、第34作からは愛川欽也さん、2012年の第58作からは 高田純次さんが演じています。 登場人物(レギュラー出演) 登場人物 キャスト 十津川省三警部、警視庁捜査一課・十津川班 高橋英樹 亀井定夫刑事、警視庁捜査一課警部補、十津川班 高田純次 西本功 刑事、警視庁捜査一課、十津川班 森本レオ 北条早苗 刑事、警視庁捜査一課、十津川班 山村紅葉 松山史朗 刑事、警視庁捜査一課警部補 宇梶剛士 『西村京太郎トラベルミステリー68』について 殺人現場に残された、イニシャル入りのスケッチ…。 なりすました女が真犯人なのか!? 式が終わって羽黒山を観光していたところ、スケッチブックに自分の姿を描いている若い女性の存在に気づく。 その女性は 白石ゆかと名乗り、出羽三山までスケッチ旅行に来たと話す。 そして、十津川と五重塔を描いた絵の片隅に Yのイニシャルを記すとスケッチブックから切りとり、記念にもらってほしいといってプレゼントしてくれた。 その翌朝、鶴岡市内の雑木林で若い女性の刺殺体が発見される。 帰路に着くはずだった十津川は、現場に Yのサインが入ったスケッチブックがあったと聞き、向井と共に臨場する。 ところが、遺体は十津川が出会った女性・ゆかとは別人で、身元を示す所持品は見つからなかった。 しかし、スケッチブックは確かに前日、ゆかが持っていたものだった。 その後、ゆかの住所が東京・世田谷と判明する。 十津川から連絡を受けた 亀井刑事(高田純次)が自宅を訪ねたところ、現れたのは レストランチェーン社長・ 白石圭一郎(国広富之)の 娘・ ゆか(朝倉あき)で、十津川に絵をプレゼントした女性とはまったくの別人だった。 ゆかは車椅子生活を送っているらしく、鶴岡には出かけていないという。 何者かがゆかになりすまして、鶴岡でスケッチ旅行をしていたのだろうか? そんな中、 東京・上野でディスカウントショップ経営者・ 宇田川宏(山口竜央)が刺殺され、遺体のそばにまたもや『Y』のイニシャルが入ったスケッチ画が1枚置かれていた。 捜査の結果、鶴岡市で身元不明女性が殺害された事件と同じ凶器が使われたことが発覚する。 犯人は早朝、鶴岡市内で身元不明の女性を殺害し、昼に上野に現れ、同じ凶器で宇田川を殺したのか? だが、なぜ両方の現場に『Y』のサインが入った絵を残したのか、謎は深まるばかりだった。 その矢先、ゆかが自分の名前を名乗ったのは、 友人の 小野寺由美子(内山理名)ではないかと連絡してきた。 実は、ゆか自身も趣味で絵を描いており、絵画の道を志す由美子とある展覧会で出会い、仲良くなったという。 以前、スケッチ旅行に出かけることができない自分に代わって、出羽三山のスケッチをしてきてほしいと由美子に頼んだことがあったという。 十津川が由美子のもとを訪ねると…確かに彼女こそ羽黒山で出会った女性だった! 由美子は十津川と別れた後、スケッチブックを盗まれたと主張する。 しかも、2つの事件発生時のアリバイも完璧だった。 だが、十津川は由美子が事件当日、鶴岡から東京まで帰って来たルートに疑惑を抱いた。 注目と見どころ ・犯人は誰なのか? スポンサードリンク 主な登場人物 登場人物 キャスト 小野寺由美子 ゆかの友人、十津川省三に「白石ゆか」と名乗る 内山理名 白石圭一郎 レストランチェーン社長 国広富之 黒木美沙子 国生さゆり 白石ゆか 白石の娘 朝倉あき 向井 山形県警の警部、十津川省三の同期 中丸新将 宇田川宏 ディスカウントショップ経営者 山口竜央 スタッフ 原作 プロデューサー 高橋浩太郎(テレビ朝日),河瀬光(東映) 脚本 安井国穂 監督 村川透 音楽 甲斐正人 制作 テレビ朝日,東映.

次の