法務省 コロナ。 新型コロナウイルス感染症について

家族や友人はNG、拘置所・刑務所で面会制限 法務省 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

法務省 コロナ

法務省は4月17日、新型コロナウイルス・パンデミックの影響で解雇等により実習が継続困難となった外国人技能実習生や特定技能外国人が日本で働き続けることができる特例措置を発表した。 日本の人手不足に対応する。 外国人技能実習生や特定技能ビザで勤務している外国人は、ビザ発給の際に、業種が限定された上で就労資格が与えられる。 しかし、今回、日本で業種全体で休業を強いられるところが多発しており、解雇後に再就職先を見つけることが困難だった。 再就職を見つけられない場合は、帰国しなければならなかった。 今回の特例措置では、法務省の外局である出入国在留管理庁が、支援対象となる技能実習生等の情報を把握し、関係機関に再就職を斡旋。 一定の要件の下、「特定活動」の在留資格を付与し、日本国内での就労とする。 在留期間は最大1年。 一定の要件の中身は、日本人と同等以上の報酬、特定技能外国人の業務に必要な技能の習得を希望しているなど、特定技能や技能実習生の受入れ機関に課せられるもの。 4月20日から措置が開始される。 また今回の特例措置では、技能実習生等が来日できず、人材確保に困難を来している分野での就労促進も出入国在留管理庁を中心に行う。 特に、農林水産業での人材不足は深刻。 別業種で就労資格を得ている外国人を再雇用することで課題を解消したい考え。 法務省は外国人技能実習生の扱いについて段階的に措置を打ち出してきた。 3月23日には、実習期間が終了したが帰国できない実習生について、30日間の就労不可短期滞在か、「特定活動」在留資格に切り替えての1ヶ月間の同一企業での就労ができるようにした。 だが、帰国できない状態が長引きそうなことから、4月3日に、就労不可短期滞在の期間を90日間に、特定活動在留資格の期間を3ヶ月間に伸長した。 また、3月23日の措置では、技能検定が受験できず次の技能実習へ進めない場合や、技能実習2号から特定技能1号へ移行の準備が整わない場合は、4ヶ月間の特定活動在留資格に変更できる道を作った。 4月上旬には、外国人技能実習生を繊維・アパレル関連職種で受け入れている企業が、マスクの製造をできることを認めた。 通常、実習計画を変更する際には、長期に渡る審査が必要だが、今回は特例措置を制定。 外国人技能実習機構へ説明資料を添えて届け出れば、技能実習に従事する時間の全体の2分の1を超えない範囲で原則認める。 【参照ページ】 【参照ページ】.

次の

株主総会運営に係るQ&A (METI/経済産業省)

法務省 コロナ

・ 新型コロナウイルス感染症に関して,5月14日の新型コロナウイルス感染症対策本部による公表を受け,これまで上陸拒否の対象としていた87の国・地域に滞在歴がある外国人に加え,5月16日午前0時から,当分の間,新たに13の国に滞在歴がある外国人についても,特段の事情がない限り,上陸拒否の対象となります。 ・ 5月16日以降に再入国許可により出国し,本邦への上陸申請日前14日以内に,新たに追加された13の国を含む100の国・地域に滞在歴がある外国人は,「永住者」,「日本人の配偶者等」等の在留資格を有する外国人であっても,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となりますので,本邦に在留している方は,上陸拒否の対象地域への渡航は控えてください。 1 感染が世界的に拡大している新型コロナウイルス感染症に関して,令和2年1月31日以降の累次にわたる閣議了解,新型コロナウイルス感染症対策本部による公表等を踏まえ,法務大臣は,当分の間,本邦への上陸申請日前14日以内に,87の国・地域(表の1)に滞在歴がある外国人等について,特段の事情がない限り,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。 )第5条第1項第14号に該当するものとして,上陸を拒否することとしています(注)。 2 5月14日の新型コロナウイルス感染症対策本部による公表を受け,法務大臣は,5月16日午前0時(日本時間)から,当分の間,新たに13の国(表の2)に滞在歴がある外国人についても,特段の事情がない限り,入管法第5条第1項第14号に該当するものとして,上陸を拒否することとします(実施前に外国を出発し,実施後に本邦に到着した方も対象となります。 これにより,5月16日午前0時(日本時間)から,上陸拒否の対象は100の国・地域となります(表の3)。 3 5月15日までに再入国許可(みなし再入国許可を含む。 以下同じ。 )により上記13の国(表の2)に出国した外国人であって,「永住者」,「日本人の配偶者等」,「永住者の配偶者等」又は「定住者」の在留資格を有する方(これらの在留資格を有さない日本人の配偶者又は日本人の子を含む。 以下同じ。 )が,その国に滞在してその国から再入国する場合は,原則として,特段の事情があるものとします。 しかし,5月16日以降に再入国許可により出国した場合は,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となりますので,上陸拒否の対象地域への渡航を控えていただくようお願いします。 4 特別永住者の方については,入管法第5条第1項の審査の対象となりませんので,上記の各措置により上陸が拒否されることはありません。 5 法務省としては,今後も,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止すべく,水際対策を徹底してまいります。 (注)5月14日現在,上陸拒否の対象としている外国人は以下のとおりです。

次の

【日本】法務省、新型コロナ解雇で、特定技能と外国人技能実習生の再就職斡旋。異業種へも特例許可

法務省 コロナ

「」 に基づき対策を進めています。 (5月25日)• 第37回新型コロナウイルス感染症対策本部が開催されました。 ()(6月4日)• 新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言に関する内容はこちらをご覧ください。 を更新しました。 (5月29日)• 新型コロナウイルスを想定した「」を公表しました。 (5月7日)• をまとめました。 (5月29日)• 「」を公表しました。 (4月24日)• 「 」を公表しました。 (3月1日)• 「」を公表しました。 (3月28日)• 電話・オンラインによる診療がますます便利になります。 ()(4月20日)• new• (5月11日)• リーフレット「」を掲載しました。 (やさしい日本語、多言語版は)(6月17日)• また、 が公布されました。 を設けることとしました( ・)。 を設けました。 (5月28日)• 小学校等が臨時休業した場合等のとを創設しました。 を公表しました。 (6月24日) new• new• (6月27日) new• (6月24日) new• (6月26日) new <知りたい情報をクリックしてください> 注意喚起:新型コロナウイルス感染症に関してや、新型コロナウイルスを題材としたにご注意ください。 国内の現在の状況について new 6月27日現在の新型コロナウイルス感染症に関する状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。 国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は18,297例、死亡者は971名となりました。 また、入院治療等を要する者は869名、退院又は療養解除となった者は16,452名となりました。 1.国内の状況について 6月26日24:00現在、PCR検査陽性者18,297例が確認されている。 件数ベースでウェブ掲載している自治体については、前日比の算出にあたって件数ベースの差分としている。 前日の検査実施人数が確認できない場合については最終公表時点の数値との差分を計上している。 なお、療養解除後に再入院した者を陽性者数として改めて計上していない県があるため、合計は一致しない。 クラスターは、現時点で、同一の場において、5人以上の感染者の接触歴等が明らかとなっていることを目安として記載しています。 家族等への二次感染等を載せていません。 また、家族間の感染も載せていません。 現時点での感染の発生状況や、都道府県別の感染者数を反映したものではありません。 本報告数は地方自治体の報道発表等に基づき新型コロナウイルス厚生労働省対策本部が集計した速報値に基づくもので、随時更新されます。 ・ (3月31日時点) ・(3月31日時点) (参考) 新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策 2月13日、何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に必要な対策は躊躇なく実行するとの方針のもと、帰国者等への支援、国内感染対策の強化、水際対策の強化、影響を受ける産業等への緊急対応などを柱とする「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」がとりまとめられています。 また、3月10日、国内の感染拡大を防止するとともに、諸課題に適切に対処するため、感染拡大防止策と医療提供体制の整備、学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応、事業活動の縮小や雇用への対応、事態の変化に即応した緊急措置等などを柱とする「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-」がとりまとめられています。 ・「」(2月13日) ・「(ポイント)」(3月10日) ・「」(3月10日) ・「 」(3月10日) クラスター対策 国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。 濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。 国内での感染の拡大を最小限に抑えるため 、 小規模な患者の集団(クラスター)が、次の集団を生み出すことを防止することが重要です。 「」(2月25日) 「」(3月1日)(PDF:556KB) (3月2日) 「」(3月2日)(PDF:138KB) クラスター対策に資する情報提供に関する協定() (4月3日改訂) (3月30日) 6月24日 new 6月17日 水際対策 新型コロナウイルス感染症の病原体が外国からの航空機や船舶を介して国内へ侵入することを防止するとともに、航空機等に関して感染症の予防に必要な措置を講じることを目的として、新型コロナウイルス感染症を「検疫法第34条の感染症の種類」として指定しています。 これにより、外国から日本へ入国しようとする方に対する質問・診察の実施、患者等の隔離・停留のほか、航空機等に対する消毒等の措置を講じることが可能となっています。 諸外国においてこの感染症が流行していることを受けて、日本の水際対策として、全ての国・地域からの到着便・到着船について、全員質問票による聞き取り、ポスター掲示による自己申告の呼びかけ、健康カード配布による国内二次感染等のリスクの軽減等を行っています。 また、当面の間、14日以内に一部の国・地域における滞在歴がある外国人等については、出入国管理及び難民認定法に基づき、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否しています。 さらに、全ての国・地域から来航する航空機又は船舶に搭乗し又は乗船していた者であって、隔離や停留をされない者については、検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請しています。 今回の水際対策強化の全体像() (3月6日閣議了解) (3月19日閣議了解) 治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発 新型コロナウイルス感染症については、現時点では、有効性が確認された特異的なワクチンは存在せず、治療方法としては対症療法が中心となっています。 ( 、 ) このため、厚生労働省においては、新型コロナウイルス感染症に対する治療薬等について、AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の研究費や厚生労働科学研究費等の各種研究費制度を活用し、治療薬等の研究を順次拡大しています。 ワクチンについては国内での研究のほか、世界連携でワクチン開発を促進するためCEPI(感染症流行対策イノベーション連合)への拠出を通じたワクチンの早期開発に向けた取組を進めています。 また、その他の治療薬としても、既存の治療薬からいくつかの候補薬が出てきており、観察研究や臨床研究、治験が進められています。 厚生労働省では、新型コロナウイルス関連の医薬品、医療機器(人工呼吸器等)及び検査キットについて、優先かつ迅速に審査を行っています。 3月15日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、船内で14日間の健康観察期間が終了し2月19日から23日にかけて順次下船した計1,011人の方への健康フォローアップが終了しました。 国内事例同様入院後に有症状となった者は無症状病原体保有者数から除いている。 チャーター便で帰国した者を除く。 専門家によれば、「発症日の判明している確定例の検討に基づいて評価すると、2月5日にクルーズ船で検疫が開始される前に実質的な伝播が起こっていたことが分かる」とされています。 ・ [PDF形式:74KB].

次の