デアリングハート。 デアリングハート

オークス2020予想

デアリングハート

2020年のオークスを制したのは、デアリングタクト 競走成績:4戦4勝(2020年5月24日現在) デビューから無敗での桜花賞、オークス2冠制覇は、なんと!63年ぶりの記録となりました。 桜花賞は1600m、オークスは2400mと、一気に距離が伸びるので、両方勝つのも大変ですが、それをデビューから無敗で達成と、デアリングタクトは本当に強い馬です。 条件問わずどんなレースでも勝てるのではないか、と思えるほどです。 今まで桜花賞とオークスの2冠を達成した馬は、有名どころを挙げるだけでも以下の通り、名馬揃いです。 1975年:テスコガビー• 1987年:マックスビューティ• 1993年:ベガ• 2009年:ブエナビスタ• 2020年:デアリングタクト そして、桜花賞もオークスもこれだけ強い勝ち方だと、自ずと3冠馬への期待が溢れてきます。 牝馬3冠を達成した馬は以下の通りですが、2020年デアリングタクトが肩を並べるのか、非常に楽しみです。 1986年:メジロラモーヌ• 2003年:スティルインラブ• 2010年:アパパネ• 2012年:ジェンティルドンナ• 2018年:アーモンドアイ デアリングタクトの血統 父:エピファネイア 母:デアリングバード 母の父: キングカメハメハ 血統表は以下の通り。 引用元: 父がエピファネイアなので、父方の祖母がシーザリオです。 シーザリオも2005年にオークスを制しています。 桜花賞の時も感動的でしたが、シーザリオとデアリングハートの血を引く、デアリングタクトが桜花賞やオークスを勝つというのが、すごく血統のロマンを感じるところです。 詳しくは、桜花賞の記事もご覧ください。 また、デアリングタクトは今回2枠4番だったのですが、シーザリオも同じ4番でした。 そして、桜花賞では9番でしたが、デアリングハートが桜花賞で同じ9番でした。 こういう血統と運命の巡り合わせって面白いですね。 レース映像 デアリングタクトは4番(黒色の帽子)です。 引用元: オークス当日、東京競馬場は晴天で、絶好の競馬日和となりました。 当日の他レースで、1勝クラス芝1600mのレースでは、1:31. 7というレース時計が出ていて、高速馬場でした。 レース時計は 2:24. 4 で、前半1000mが59. 8となり、時計だけ見るとミドルペースですが、高速馬場だったので、多少スローペースの展開で前にいった馬が有利な展開となりました。 そんな中、勝ったデアリングタクトは、最後の直線入り口でも、まだ後方にいました。 以下、赤矢印で示した、黒色の帽子です。 前述した通り、スローペースの展開だったので、デアリングタクトの位置から差し切ったのは、本当にすごいと思います。 桜花賞の時も思いましたが、やっぱり他の馬とは瞬発力が違いますね。 以下が最後の直線入り口からのレース映像です。 引用元: 道中のポイント デアリングタクトは、これまでのレースでも見せているのですが、気性が荒い部分があり、テンションが高くなりやすいです。 (父エピファネイアの影響でしょうか) 桜花賞でも道中、頭を上げて行きたがる素振りを見せたところを、ジョッキーが必死に抑えて、位置取りを下げていたというのがありました。 ジョッキーが最後の直線での瞬発力、馬の力に自信を持っていて、馬への信頼を表したようなレースでした。 オークスでは、馬場に移動してきた時からテンションが高いところを見せていて、スタート前には発汗が目立っていたので、ちょっと不安な気持ちで見ていました。 スタートはうまく出たものの、第1コーナー、第2コーナーでは、スムーズに運べない場面が見られました。 以下は第1コーナー。 デアリングタクトは赤矢印で示した一番内側の黒色の帽子です。 少し頭を上げて行きたがる素振りを見せたところに、外側から他の馬に前に入られ、ポジションを下げざるを得ない状況になります。 以下、映像です。 引用元: 続いて、第2コーナー。 赤矢印で示した一番内側がデアリングタクトですが、前や横の馬との距離が近く、非常に馬群が密集しています。 横の馬と少しぶつかったようで、ここでもポジションを下げざるを得ない状況になります。 結果、向こう正面でも行きたがる素振りは続いていて、ジョッキーもなんとか落ち着かせていますが、位置取りは後ろ目になってしまいます。 スタートが良かったので、もうちょっと前目で中団の位置を取れそうだったけど、無理にポジションを取るよりは少し下げて最後の直線のために力をためた、とジョッキーもコメントしていて、馬の力を信じているからこそ落ち着いてレースを運べたんじゃないかと思います。 最後の直線のポイント そして、最後の直線ではジョッキーの瞬時の判断能力のすごさに脱帽でした。 まず、直線入り口ではこの位置です。 (赤矢印) デアリングタクトは前が空くのを待っている状態です。 最初は外に出すのを狙っていたようですが、外から赤い帽子の馬が来て塞がれてしまいます。 残り400m地点で、狙っていた赤丸印のところが少し空きます。 ただし、ここに進路を取ろうとしたところ、後ろからピンク色帽子の馬が来ているので、進路が取れません。 すると、今度は変わってデアリングタクトから見て左側のスペース(赤丸印)が空き、即座の判断で内側に進路を切り替えます。 このスペースは内側の後ろから来た別の馬も狙っていたスペースで、あと少し判断が遅れていたら、別の馬に進路を取られていたと思うので、間一髪でした。 残り350mほどで、ようやく進路が取れます。 前が空いてから、デアリングタクトはすごい瞬発力を発揮して、見事に差し切るという展開でした。 こうやって見てみると、馬の力を最大限に引き出すジョッキーの力というのは、改めて一瞬が勝負の世界なので、ジョッキーの大事さがよく分かるレースでもありました。 松山弘平ジョッキー デアリングタクトの鞍上は松山弘平ジョッキーです。 引用元: 2020年の春G1は、桜花賞に続いての勝利となりました。 松山ジョッキーについては、桜花賞の記事もご覧ください。 オークスの勝利でG1は3勝目となりました。 2020年は5月24日現在で47勝となり、勝利数で4位、重賞も7勝と大活躍です。 松山ジョッキーは、2020年4月26日の騎乗で落馬負傷していました。 当時は翌週の騎乗を見合わせることになり、オークスでもデアリングタクトに乗れないのではないか?と思いましたが、不幸中の幸いで大した怪我ではなく、1週間だけ休んで、すぐ復帰できました。 大した怪我ではなかったのも、こうしてデアリングタクトとの巡り合わせや、運命も味方したのかなと思います。 こうして無事にデアリングタクトで2冠を達成した松山ジョッキー、今後の活躍も楽しみです。 瞬発力の元はサンデーサイレンスのクロス デアリングタクトの瞬発力の源を考えた時に出てくるのが、サンデーサイレンスという馬です。 ここで、もう一度血統表を紹介します。 上記の血統表でも赤字になっていますが、父方の祖母シーザリオの祖父がサンデーサイレンス(4代前) 母方の祖母デアリングハートの父がサンデーサイレンス(3代前) と、父方の4代前と母方の3代前に同じ馬がいます。 クロスは別名インブリードとも呼ばれますが、近親交配のことを指します。 クロスは体質が弱くなるというデメリットがありますが、ある馬の血をより濃くすることにより、その馬の遺伝能力を強めて、より強い馬を生産することが目的です。 サンデーサイレンスという馬はスピードと瞬発力に優れた馬でした。 アメリカで生産、活躍した馬ですが、1990年はじめに日本に輸入され、種牡馬生活をスタートするのですが、そこからサンデーサイレンスの勢いはすごいものがありました。 初年度産駒がデビューした翌年の1995年から2007年にかけて、13年連続でリーディングサイアー(産駒の獲得賞金の合計額が一番多い)や、産駒の通算勝利数2749勝、産駒のG1勝利数は71勝など、数々の大記録を打ち立てました。 かの有名はディープインパクトもサンデーサイレンス産駒です。 ディープインパクトに代表されるようにスピードと瞬発力に優れた産駒が多いのが特徴です。 このサンデーサイレンスのクロスというのは、非常に強い武器になっていると思います。 1990年代後半から2000年代後半はサンデーサイレンスの産駒が日本の競馬を席巻しましたが、これからの日本の競馬はサンデーサイレンスのクロスが席巻しそうなので、楽しみです。 秋は牝馬3冠を目指して秋華賞へ 牝馬2冠を制して、残すは秋の秋華賞となりました。 3歳牝馬三冠の3レース目は、2020年10月18日に京都競馬場で「秋華賞」が行われます。 秋に向けて放牧に出されるようで、秋華賞が待ち遠しいです。 デアリングタクトのこれまでレースを見ていると、ちょっと他の馬とは力が抜けているなと思うので、秋華賞も勝てそうな気がしています。 競馬というのは将来を想像するのが楽しいスポーツで、デアリングタクトが3冠を達成したのちに、ヴィクトリアマイルを制してG1 8勝目にリーチを掛けたアーモンドアイと対決になったり、など、こういうレースが見たい、この馬との対決が見たいなど、期待が膨らむものです。 秋の秋華賞も今から楽しみです。

次の

デアリングハート|JBISサーチ(JBIS

デアリングハート

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。 ラインクラフトやシーザリオ相手に0. 1秒差の3着に粘った母の桜花賞を思い出します…父はキングカメハメハで母デアリングハートの2017となる、 エターナルハートを紹介したいと思います。 馬名: エターナルハート 3歳・牝馬 馬主:DMMドリームクラブ 管理:友道師 父:キングカメハメハ 母:デアリングハート 母父:サンデーサイレンス デビュー予定日:未定 鞍上予定:未定 父はキングカメハメハと、昨年の11月23日のシーザリオの仔で新馬勝ちのファーストフォリオ以降は新馬勝ち馬が出ずじまいとなり、種牡馬リーディングも7年連続2位が途切れ、2019年は6位という順位を大きく落とした結果になりました。 2020年はデビュー2連勝中のミアマンテとファーストフォリオあたりがクラシック制覇に向け良い結果を出していけるといいですね。 そして母のデアリングハートですが、化け物種牡馬サンデーサイレンスの直子。 現役時はクイーンS G3 を勝ち、府中牝馬S G3 を2連覇で重賞3勝馬となりました。 そんな母のラストランはフェブラリーSで7着後に通算26戦4勝で引退、繁殖へと上がりました。 ただ、繁殖生活が…キングカメハメハ2頭にハービンジャー2頭の計4頭がデビューしておりますが、 何れも活躍どころかかなり厳しい状況…。 そんな中、再度キングカメハメハを配合した エターナルハートがデビューはまだ未定ですが、調整されてます。 預託先も友道師という事で期待をされてる!?のだろうが、やはりキングカメハメハ産駒の牝馬は手が出しにくく感じます。 馬体は430キロ近くとやや小柄な感じで母と同じくらいでしょうか。 また、地方ダートながら重賞で2、3着の実績もありますしダートでも走れそうなのはいいですね。 って、そろそろ母デアリングハートから走る仔が出ても…と思うのですが、こればかりは難しいものですね。

次の

デアリングタクト

デアリングハート

種牡馬の成績を表す指標のひとつ。 競走馬1頭当たりの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの平均収得賞金の割合。 平均は「1. 00」で、それより数値が大きいと優秀な種牡馬といえる。 勝馬率 デビューした産駒のうち、1勝以上した馬の割合。 母父: 2001年 鹿毛 早来町 8戦7勝 曽祖母• Daring Danzig [米] 牝 1990 鹿毛• 牡 1994 鹿毛 4勝• 牡 1996 栗毛 海外6勝 1着 - スーパーダービー G1 、ジムダンディS G2 2着 - スティーヴンフォスターH G2 、オハイオダービー G2 3着 - パシフィッククラシック G1 、アーカンソーダービー G2 、ルイジアナダービー G2 、コーンハスカーBCH G3 、ニューオーリンズH G3• 牡 1999 鹿毛 8勝、地方2勝 1着 - 東京中日S杯武蔵野S G3 、アンタレスS G3 、マーキュリーC G3• 牡 2000 鹿毛 3勝• 牝 2003 鹿毛 1勝• 牝 2009 鹿毛 3勝• 牡 2010 鹿毛• 牝 2011 黒鹿毛• 牡 2012 青鹿毛• 牡 2015 鹿毛 2勝、中央現役• 牝 2016 青鹿毛• 牝 2017 鹿毛 1勝、中央現役• 牝 2018 鹿毛 中央現役• 牡 2019 鹿毛• 牝 2005 鹿毛• 牝 2010 栗毛 地方2勝• 牝 2011 鹿毛 1勝• 牝 2012 鹿毛• 牡 2013 鹿毛 地方1勝• 牝 2014 鹿毛• 牡 2007 鹿毛 地方7勝• 牡 2008 黒鹿毛 地方8勝• 牝 2009 鹿毛 2勝• 牝 2016 鹿毛• 牝 2017 鹿毛• 牝 2018 栗毛 中央現役• 牝 2019 栗毛• 牝 2011 鹿毛 1勝• 牝 2017 黒鹿毛 中央現役• 牡 2018 鹿毛 四代母• 牝 1975• 牝 1985 栗毛 海外8勝 1着 -トップフライトH G1 、シュヴィーH G1 、レイディーズH G1 、ベッドオーロージズH G2 、ロングルックH G2• 牡 1994 栗毛 海外6勝 1着 -トムフールH G2 、ピーターパンS G2 2着 -メトロポリタンH G1 、カーターH G1 3着 -ドゥワイアS G2• 牝 1996 鹿毛• Lucrative [米] 牝 1998 栗毛• 牝 1999• Impetuous Image [米] 牝 1988 鹿毛• 牡 1998 鹿毛 地方7勝• 牝 2004 鹿毛 1勝• 牡 2006 鹿毛• 牝 2007 栗毛 1勝• 牡 2009 黒鹿毛 地方2勝• 牝 1989 栗毛• 牝 2008 鹿毛• 牡 1995 鹿毛.

次の