あんスタ メインストーリー 感想。 あんスタのメインストーリーの5章が昨日配信され、読んだので...

あんスタノベライズ感想(※記事後半幾つかネタバレ有り)

あんスタ メインストーリー 感想

私的にはどちらのストーリーもいいと思います。 でも、どちらかと言うと日日日さんのストーリーのほうが私たちを飲み込むような感動させるようなストーリーを書くので。 まあ、ストーリーは日日日さんのほうがいいですね。 メインストーリー書いた人ですからね。 問題とは、日日日さんと結城さんのストーリーの世界観? が違うというでしょうか。 例えば、日日日さんのストーリーでは転校生は男子の裸を見ても動じなかったのに結城さんのストーリーでは転校生は顔を真っ赤にします。 このことから、結城さんは日日日さんのストーリーを読んではないかと思います。 そして、結城さんはストーリーが乙女ゲームぽっい? 私は全然大好きですが!! 日日日さんは小説2で「転校生は透明な存在。 小説での転校生はあくまで私の考える転校生」と言っています。 だから、結城さんの考える転校生と日日日さんの考える転校生が別に違ってもいいってことだと思います。 つまり、結城さんと日日日さんの考えるあんスタは違うってことではないのでしょうか。 だから、不一致がある。 しかし、見てる私たちは違和感ですよね。 だから、違和感を感じることは彼らの考えるあんスタの世界観が違うことくらいです。 まあ、でも全く違うってことはないので読んでも「ん? 」って感じることは少ないかと。 だから、そこまで気にすることはありません。 「問題」という表現は些か不適切なような気がしますが…… おそらく質問者さまがお聞きになったのは、ジャッジメント以降のレオのある言動に関する内容だと思います。 あんスタの規約上ストーリーに関することは詳しく書く事は出来ないのですが、確かに「解釈違いではないか」という声が多数上がったことがあります。 メインライターが日日日さんで、サブライターが結城さんなのですが、日日日さんの書いた内容と結城さんの書いた内容で齟齬が生じているように感じる、小さな違和感を覚える、という方もいます。 ですがあくまでそれは個人個人の感想であり、結城さんが絶対に悪い訳ではありません。 もともと一部をぼやかすようなストーリー展開をしているので、日日日さんと結城さんでその「ぼんやり」した部分の出し方が違うことが要因ではあると思うのですが、どちらも正式なライターさんであり、どちらが悪い、というわけではありません。 みなさんが感じる違和感は、これから先明かされていくストーリーで少しずつ緩和されていくのではないか?と思います。 これから結城さんのシナリオをご覧になることもあるでしょうが、決して「結城さんのシナリオは良くない」という既成概念はお持ちにならないよう、願います。

次の

それは革命と奇跡の物語。「あんさんぶるスターズ!」のメインストーリーを“Saga/後編”に備えて徹底考察

あんスタ メインストーリー 感想

先行上映会のときからずっと溜め込んでたからようやくベラベラ話せるようになるの嬉しい! TVアニメ 2019年7月7日 22:30~ ほかにて放送 AbemaTVにて無料で地上波同時配信…っていう地方民にとっては「神か?」っていう 配信でありがたいです。 見逃し配信もあり。 」夢ノ咲アイドルユニット総勢11組37名で歌うOPです。 (正直誰がどこのパート担当なのかよくわからない) リリース4周年にして初の全員歌唱曲。 わちゃわちゃしてて楽しい感じです。 OPもまあ王道…というかメインストーリーの主人公のトリスタを中心にインド映画のごとく歌って踊ってアイドル達が勢ぞろい!なんですがゲームプレイヤー勢なら見つけられる小ネタが細けえ…。 』の幟が立ってたり(ゲーム内でEveは何かのゲームとタイアップする仕事をしています)、ベッドで寝ている凛月の携帯には真緒からモーニングコールがかかってきていたり、噴水のまわりでジャンプするシーン、跳んでない人いますね。 (この跳んでない子は間違ってアイドル科を受検してたりで最初やる気が無い) 地味に凛月の着ているパジャマがゲーム内スカウトのカードにあるのが可愛い。 個人的には学園アイドルもののわちゃわちゃ感が好きなので楽しい感じで好印象です。 まあ妥当というか…結局メインストーリーがあるから今後の話が生きていくというか。 (正直私はメインストーリー好きじゃないですがそれはまた後々) びっくりすることにこの第1話でさらっとゲームのメインストーリーの第1章分なんだ… 全18話 夢ノ咲学院はアイドル科・ 演劇科・声楽科・音楽科・から成り立っているのですが、新しく新設される予定のプロデュース科のテストケースとして転校してきたあんず。 ゲームでは主に転校生 あんず がプレイヤー目線となり話が進行します アイドル科は男子生徒しか在籍しておらず、その中で紅一点としてアイドル達をプロデュースしていくことになります。 転校初日、Trickstarのメンバー・氷鷹北斗、明星スバル、衣更真緒、遊木真と出会うあんず。 クラス委員の北斗はあんずに校内や学校の仕組みを案内することになります。 みんな容赦なくあだ名で呼びあってるからな…。 第1話ではさらっと学院の説明、という制度があること、まあ見てみないとわからんよね!って事で開催されてるへ。 ここら辺はトントン拍子というか足早にさらっと説明されるだけなので正直初見だと???って感じだと思うのですが、後々どういうものなのかわかってくるので、へ〜そうなんだ〜よくわからんけど〜くらいのテンションで大丈夫です。 ゲームプレイ時も話が正直よくわかんねえ!まあいいか!って感じで進むので問題ないです。 要点としては、 ・夢ノ咲学院には「」と呼ばれるアイドル同士で勝敗を競うライブがある ・「」は出演側・観客側ともに成績に反映される(B1除く) ということくらい抑えておけばよいでしょう。 さて、そこで「戦」を観戦する北斗、スバル、真、あんず。 「戦」はB1ランクに位置付けられるとなります。 B1ランクのは野良試合のようなものなので成績にも反映されません。 その分自由で、制約も少ない…のですが……。 空手部に代々伝わる…ということで司会は空手部の一年生、南雲鉄虎。 挑戦者はUNDEADの大神晃牙、受けて立つのは空手部主将の戦歴代王者、鬼龍紅郎です。 「戦」は歌やダンスで戦う以外に、特殊ルールとして"相手に暴力を振るってもOK" というアイドルとは…?と考えてしまうルールが定められています。 (ゲームではこの戦がどうして誕生したのか、というストーリーが後々スカウト!拳闘の四獣で語られています) 晃牙が出だしに歌う曲はソロ曲の「RIOT WOLF」ですね。 正直ソロ曲出てくると思ってなかったので嬉しい驚きでした。 『学院最強』の男と呼ばれる紅朗と晃牙がライブしつつ、肉弾戦を行っていくのですがそれに巻き込まれてしまうあんず。 ステージ上から弾き飛ばされた晃牙の下敷きになり気を失ってしまいます。 あんずが晃牙につぶされたときの声がよく乙女ゲーにありがちな「キャッ!」って感じではなく「グえええ」と蛙が潰れたような声なのが好感。 そんな中、B1の会場はいつのまにか生徒会執行部の面々に包囲されてしまいます。 …B1は非公式の野良試合。 当然生徒会の許可は得ていません。 自由に開催できるこのB1を生徒会は取り締まりたいようです。 生徒会副会長の蓮巳敬人、役員の姫宮桃李たちの手によって、「戦」は中断され、観客は散り散りに、あんず・北斗・スバル・真も会場から離れます。 生徒会長はどうやら入院中。 その間の仕切りを副会長の敬人が行っています。 そこで会場からこっそり逃がしてくれるのが北斗たちと同じユニットの真緒。 生徒会に所属している真緒はTrickstarのメンバーとあんずを手助けします。 板ばさみなんですよねー真緒は。 あるいは内部スパイ的な。 保健室に運ばれるあんず。 北斗が眠っているあんずに語りかけます。 -この学院はアイドルの、アイドルによる、アイドルの為の学び舎ではない。 正確には、選ばれた、良いアイドルの、良いアイドルによる、良いアイドルのための学び舎だ。 自分たちTrickstarのようなはみ出し者のアイドルたちは日の目を見ず、生徒会が頂点に君臨する、優等生で、調教された、人間味のない「良いアイドル」だけが優遇されている夢ノ咲学院。 北斗をはじめTrickstarのメンバー達ははそんな学院を変えたいと、そしてその革命の導き手となってほしいとあんずに願います。 あんずは密かに目を覚まし彼らの願いを聞いていました。 そして、Trickstarのが始まっていきます……。 あんず登場においては賛否両論ありましたが、メインストーリーにおいては物語上あんず=プレイヤー・視聴者の位置にいるので大きな行動を起こしたり重要な発言をすることはあまりないでしょう。 (ただ何気ない彼女の行動が後々誰かに影響したりする) 個人的にはステで転校生が登場しない事により、私(プレイヤー)がいなくてもなんとかなるのかよ!って気持ちもありつつ…だったのであんずが存在した方がゲームの進行も違和感なく進められるかと。 見た目もフツー…な感じで特徴ほぼないですしね。 寡黙すぎるのもどうかと思いますがむしろ転校初日でイケメンに囲まれてベラベラ思ったこと話す女のほうがどうかしてると思うので今の所特記事項なし。 ただ、物語のヒロインでは無いっていうことを念頭に入れた方がいいでしょうね。 トリスタがなんではみ出しものの集まりなのかは割合?今後の話で徐々に出てくる?そもそもゲーム内でも未だにトリスタ結成時の話が不透明なのでそろそろ明らかにしてほしい感。 序盤はどうしても仕方ないのかもしれないですけど、シーンの繋がりが唐突な印象もありますが、まあ2話まで待ちな…っていうのが先行上映会組の感想です。 はやく見て!見せたい! ゲームと同じく、転校したてのあんずと同じように私達視聴者も何がこの学院で起きているのか、これから何が起こっていくのか、徐々にわかっていくことでしょう。 一話だけで見ると今後の展開はある程度予想できるし事実革命の物語ではあるんだけど、あんスタの面白いところは究極の後付けストーリー、かつ「誰が物語の主役なのか」をあらゆる視点で見るとなお楽しい…というか自分が正義だと思っていたことは誰かにとっての悪だったり、その逆も然り。 このブログでも何度か言及してるけど、こういうアイドルものって必然的に「好きなアイドル」が誰かしら出てくると思うし、自分と似た性格のアイドルには共感してしまう。 推しのアイドルが見ている世界が正しいのか否か、語り手のミや作為的、もしくは偶発的な印象操作が行われているのではないのか…。 自分が1人のアイドル…あるいは一組のユニットに肩入れすればするほど、話が見えなくなるのではないだろうか。 基本的にあんスタのアイドル達は故意的に嘘をついてはいないんだけど、後半は斑や茨の登場でさらに話がややこしく 面白く なりそうなので楽しみです。 とりあえず1クール目の半分はメインストーリーの消化で終わりそうかな〜? ただ、アイドルの数がかなり多いので初見の人は覚えるの大変そう…。 さらに上でも述べましたけどあだ名の存在が厄介なんだよな!? 私も最初の方鉄虎のことずっと虎鉄って名前だと思ってたよ 鬼龍先輩が鉄、って呼ぶんだもん… 話が進むにつれいろんな人にフォーカスする機会があれば覚えられると思うので…。 初見の人がんばれ! 先生お得意の映画や文学や特撮ネタ、ネタの盛り込み、あるいは昭和的〜平成初期的なギャグシーンや学生時代の描き方、割と菱田監督とは相性が良いのではないかと思うので楽しみですね〜!あとなんだかんだ私も元オタクのアラサーなので色々と共感してしまうのである……。 imparafaits.

次の

最近あんスタをはじめたばかりのものです。あんスタには結城さ...

あんスタ メインストーリー 感想

さすがにS3途中から、この進みと残量じゃもしや終わらない…と不安を抱きながら読み進めたのですが、ほんとうに終わってなかった。 そうかそうなのか。 まだ解決してないのか~。 スタマイのみなさんこれを待ち続けているんですね…!そわそわする~早く続きが読みたい~! S2後半から熱かったなー。 マトリのメンバーとパートナー組んで監査してたときのマトリメンバーとの距離が縮まる様子と監査対象への理解もよかったし、瀬尾研編はとても丁寧でぐっとくるし、このあとの総本山瀬尾教授編もめちゃくちゃ楽しみです!! あと、60-120読んでて叫びたかったのが、渡部さんがー渡部さんがーピアス返しちゃったよ!?!? って! あのシーン見た時は恋の終わりだと思ってほんとに苦しかった。 うん、確かに、渡部さん的には終わらせたのかもしれないけど、でも、いろいろ考えていたら、パリの女の子との恋のようなものが終わって、これから、泉玲ちゃんとの恋が始められるのかなーとも思いました。 もしかしたら自分よりも運命的な早乙女さんがいて、運命というのが自分だけのものではないことを知って、渡部さんはいったん終わらせたのかなーとか。 まだスタマイでの個別読んでないのでなんとも言えないのですけど、きっとそれは宮瀬さんのようにメインとは別の時間軸のお話か、もしくはメインが終わったあとのお話で、メインは絆のお話になるんだろうな~とあそこの文を読んで思いました。 渡部さんほんと玲ちゃんと幸せになって~。 今大路さんとかも、メインスト中の玲ちゃんへの好意はどういうことなんだろうと思って切なくなる。 峻さんって呼んでほしいって思うのは今大路さんの気持ちかなーとも思ったり。 そうであってほしいなという願望もあるけど…。 そのあたりも恋ではなく絆で乗り越えるのであれば、それも見たくもあるけど、玲ちゃんと幸せにもなって~!ジタバタ 早乙女さんはネタバレ踏んでしまっていたので驚けず残念。 逆に渡部さんのご家庭のネタバレは踏んでいなかったのでめっちゃ驚いた笑 早乙女さん、和解のところとてもよかった!! 玲ちゃんが人前で泣くの貴重だからな早乙女郁人!!! そういうところが渡部さんは羨ましいんだと思うよ!! 志音くん編は瀬尾さんとのエピソード好き~。 ううやさしい。 触れてしまうんだって謝っていたけど、触れたら触れた感触は覚えてられるのかな。 瀬尾さんほんと切ないよ~。 志音くんはシャーロキアンだから好感しかないです。 (ひいき) 志音くん編のカナメくんかわいかった~。 恋してるんだね~。 かわいい~。 玲ちゃんが志音くんのことしーちゃんって呼んだら、カナメくんヤキモチやくのかな。 かわいい。 話は違うけど、mission~イベントで、宏弥くんがしーちゃんって呼ぶの断る理由がとてもよかった。 志音くん、宏弥くんのこと好きだろうな~。 メイン読了したら推しが決まると思っていたのですが、メインまだ終わってなかったし、まだまだどんな人かわからない人ばかりだということがわかったので、これから個別やカードストイベスト読んでいきます! どんなひとなのか知りたかったんだけどな耀さんとか耀さんとか耀さんとか… ドラマトもまだまだ読んでいない話があるので楽しみに読んでいきたい~。 真夏編楽しみだ~!•

次の