クロス ブリード。 ショップ案内

クロスブリードとは

クロス ブリード

ダービースタリオンマスターズ ダビマス にて、産駒の大幅な能力アップを狙うならクロス インブリード がおすすめです。 特定の能力が大幅に上がる可能性があるので、自分の狙い通りの馬を生産することもできるようになります。 クロス?インブリード?って一体なんだ? インブリードとは、その馬の血統内に同一の先祖がいる配合のことをいう。 つまりは近親配合のこと。 種牡馬と繁殖牝馬の先祖を5代前までさかのぼって、同じ種牡馬が同じ血統に入っている クロスしている ことからクロスともいう。 その結果ナスルーラの特徴であるスピードアップと気性難の効果が産駒へと受け継がれるのだ。 クロス インブリード する際の注意点 クロス インブリード する際に気を付ける点は、血量が濃くなりすぎないようにすること。 これは極端な近親配合で避けるべき種付。 血が濃くなりすぎて不受胎になったり、極端に体質が弱い産駒が生まれてしまう。 クロス インブリード には常に危険が伴うのだ。 クロス インブリード の効果と弊害 クロス インブリード は特定の能力アップを産駒へ伝わるが、プラスの効果ばかりではない。 中にはマイナスの効果もあるのだ。 上手に使いこなせば、快速馬やダートの鬼等といった特徴的な馬を生産することも可能です。 完璧な配合• 見事な配合• よくできた配合• 危険な配合 クロス インブリード 各効果説明 効果 説明 スピードUP超 通常のスピードUPよりもスピードも上がる。 ぜひとも成立させたい効果。 スピードUP 産駒のスピードが上がる。 スピードUP超ほどではないが、対象馬が多くて作りやすい。 底力UP 勝負根性がアップする。 ライバル馬に直線で並ばれても、やすやすとは抜かせない。 底力DOWN 勝負根性がダウンしてしまう。 これを作ってしまうとレースで勝つことは厳しい。 気性難 気性が悪くなってしまう。 指示通り走らなかったり、出遅れも多くなる。 回復力UP 疲労から回復するのが早くなる。 調教で鍛えやすく、出馬感覚も短くて済む。 スタミナUP 産駒のスタミナがアップする。 スタミナが付くとレースの途中でバテにくくなるのだ。 ダート適性UP ダート適性が上がる。 ダートレース、重馬場に強くなる。 早熟化 産駒が早熟タイプになる。 狙って作らなくても、早熟系の種牡馬を付ければ事足りる。 晩成化 産駒が晩成タイプになる。 こちらもクロスさせるより、晩成系の種牡痲を付ければ済む。 関連ページ ダービースタリオン ダビスタ マスターズの攻略サイトです。 競馬の基本である「血統」と「配合」について説明します。 インブリード配合とアウトブリード配合のメリットとは? ダービースタリオンマスターズ ダビマス で最もポピュラーな配合理論のインブリードを紹介します。 なぜインブリードは両刃の剣なのかを詳しく解説します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス の配合理論インブリードの効果を紹介します。 インブリードの効果には運も必要な理由も解説します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス 配合理論のニックスとアウトブリードについて詳しく簡単に理解できるように紹介します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 繁殖牝馬の評価 優・良・可 の違いについて解説していきます。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 名牝馬「メゾンフォルティー」の配合を全て紹介します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 強い馬を産みだすコツやニックス、インブリード、面白配合など初心者にもわかりやすく説明していきます。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 母似で影響がでるサイアーエフェクトについて説明します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 スピードAを誕生させる3つの配合条件を紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス にて期間限定で開催されるイベントで入手可能な非凡な才能を持った種牡馬を紹介します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 強い馬を産みだすコツやニックス、インブリード、面白配合、ビギナーのための生産のコツを紹介していきます。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス で2月になると繁殖牝馬セールで購入ができる繁殖牝馬のデータの見方を紹介します。 繁殖牝馬を安く上手に購入する方法も紹介! ダービースタリオンマスターズ ダビマス で繁殖牝馬に種付けをする際の謎の新理論を紹介します。 新理論で配合をして最強の競走馬を作り出してダビマスを攻略していきましょう! ダービースタリオン ダビスタスマホ の面白配合を紹介します。 面白配合とは?面白配合になるコツやテクニックを紹介していきます。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス の配合時に配慮したいのは、コメント表示で出る「危険な配合」について詳しく解説します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス に数あるインブリード効果の回復力が人気のトレンドになりつつあるので紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス 初心者の方におさえてもらいたい、繁殖牝馬に種牡馬を種付けする際に、産駒の能力をアップさせる3大要素について紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス で繁殖牝馬に種付けする種牡馬の要素とポイントを紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス の種牡馬の能力値にある安定とは何か、概念を紹介します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 面白配合の効果について説明します。 底力と落ち着をUPさせて勝率を上げよう。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 面白配合で次世代を考えた配合について記載しています。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス の面白配合用の13系統を紹介します。 ダービースタリオン ダビスタスマホ の配合テクニックをまとめて紹介します。 優牝馬ステアクライマーを使って完璧な配合を産み出す方法を紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス で配合と生産理論の早熟、晩成型の競走馬のスピードの絶対値を紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス でG1を獲れる強豪馬の配合理論を紹介します。 ダビマスの配合では「運」だけに頼っていてはいつでもたっても制覇出来ないのが現実。 インブリード、ニックス、面白配合と産駒を送り出す確率を高めてくれる3つの方法は、配合の際にいつもしっかりと頭の中にいれておくべき。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス で血統表内にクロス効果の血をできるだけ詰め込んで七光り理論の配合を紹介します。 ダービースタリオンマスターズ ダビマス でG1レースに勝利できる完璧な配合を紹介します。

次の

ネット通販のクロスブリード

クロス ブリード

クロス血統という言葉をご存じでしょうか。 クロス血統とは別名 インブリードとも呼ばれ、いわゆる 近親交配のことを意味します。 競走馬の血統を調べる際、その競走馬の母父だけでなく、そのさらに母父を図で表記しているでしょう。 競馬は「 ブラッドゲーム」と呼ばれるほどに競馬における競走馬の血統は重要視されていて多くの競馬情報サイトや競馬冊子などでも取り上げられるほどです。 人間でも兄弟同士で交配することはありません。 なぜなら近親交配は子供への悪影響が非常に強いからです。 それは馬にとってもいえることす。 交配する馬の血統を遡って濃い血統にならないか、慎重に慎重に交配が進められているのです。 実際には繁殖の際は 3代前より最近の父母と交配することはないということです。 では、競走馬の交配を行う際、どのように交配相手を決めているのかを有名な馬を例に紹介して行きます。 ブエナビスタのクロス配合 インブリード 実際に活躍した馬を例にとって説明します。 引用: ブエナビスタは6歳まで現役で活躍し、最終的にG1を6つ手にしました。 大舞台で大活躍し、2008年から2011年の競馬界を引率しましたことで記憶に残っている人も多いでしょう。 引退レースとなった有馬記念では当時3歳馬のオルフェーヴルに引導を渡すようにしてターフから去りましたね。 このブエナビスタの血統背景を見てみると父方の4代目に Nijinskyという名前が書いてあるのがわかりますでしょう。 そして、母方の3代目にも Nijinskyという名前が見られるでしょう。 このように5代目までの血統表の中に父方、母方のほうに同じ馬の名前が入っていれば、インブリードという クロス配合となるわけです。 ブエナビスタの場合は父方の4代目 ブエナビスタから見て父の母の父の父 と母方の3代目 ブエナビスタから見て母の父の父 にNijinskyがいるためインブリード クロス配合 となります。 そして、競争馬には 血量が定められています。 血量とはその字の如く、仔が持つ血量を意味しますが 競走馬の場合は何代も前の血統を遡って血量が定められます。 くわしく説明すると1世代前は血量50%、2世代前は血量25%、3世代前は血量12. 5%、4世代前は血量6. 25%、5代前は血量3. ブエナビスタの5代血統を見てみましょう。 父方と母方の血統を遡ってみると、父方の3代目と母方の4代目にNijinskyのクロスを持っているので、ブエナビスタはNijinskyの血量12. 25%で合計 18. この 18. 血量が濃すぎると体質の弱い馬、気性難の馬が生まれてしまうリスクが高くなります。 逆に血が薄すぎると両親のポテンシャルを引き継ぐことができません。 この奇跡の血量は競走馬にとって、両親のポテンシャルを引き継ぎつつ、体質のいい馬を生み出す 限界値なのです。 そのため生産者は18. この奇跡の血量に関して少し掘り下げると、18. しかし、血統の濃さを考慮した18. なお、奇跡の血量を提唱したのは学者であるフィッツパトリック氏とラックブー氏でした。 奇跡の血量はこの二人の学者の名前の一部をとって「 フィッツラック繁殖説」とも呼ばれます。 ちなみにこの18. エネイブルのクロス配合 インブリード 引用: こちらは凱旋門賞連覇を成し遂げ、2019年に史上初となる三連覇に挑みましたがヴァルトガイストに阻まれ2着に敗れた エネイブルの血統です。 牝馬のエネイブルの5代血統を見てみると父方の3代目と母方の2代目に Sadler's Wellsという馬がいますね。 奇跡の血量である18. 近新配合は血量が濃いほど虚弱体質、気性難の馬が誕生しやすいため関係者は濃いクロスを回避しがちです。 ところががエネイブルは濃い近新配合を持ちながらも気性にも体質的にも全く問題はなく、むしろ父Sadler's Wellsの特徴を強く受け継いだ インブリードの成功例なのです。 エネイブルは欧州で大車輪の活躍を見せ、2020年3月時点で凱旋門賞を含む、 G1タイトルを10個獲得しています。 近新配合はデメリットに目が行きがちですがエネイブルのように メリットだけを受け継ぐ馬も少なからず存在するのです。 サンデーサイレンスのクロス配合 インブリード 引用: 日本競馬界に大変革をもたらしたアメリカの サンデーサイレンスの5代血統を見てみましょう。 サンデーサイレンスは父方の4代前と母方の5代前に Mahmoudという馬がいることが分かりますね。 サンデーサイレンスはインブリードとはいえ そこまで濃い血を継いでいないことが分かります。 ディープインパクトの配合 アウトブリード 引用: サンデーサイレンスが死去する数年前にこの世に誕生した ディープインパクトはサンデーサイレンス産駒の最高傑作ともいえる一頭でしょう。 そのディープインパクトの5代血統はこちらです。 父方を見ても母方を見ても 2つ以上名前のある馬は存在しません。 ディープインパクトのように5代前に父方、母方に同名馬が一頭もいない馬を アウトブリードと呼びます。 アウトブリードとは近新配合の対義語であり、 異系交配とも呼ばれます。 ディープインパクトはいうまでもないでしょう。 そのディープインパクトに勝った ハーツクライもアウトブリードですしダートのディープインパクトと呼ばれた カネヒキリもアウトブリードです。 アウトブリードは体質の弱い馬が生まれにくいだけでなく、気性や体質が強く、 長く活躍できる馬が多いです。 また、アウトブリードの馬から生まれた仔も安定した活躍を見せる傾向があり 息の長い活躍を見せるのです。 ハイリスクハイリターンなインブリード 実際の馬を例にクロス交配について紹介しました。 インブリードはエネイブルのように噛み合ったときに大活躍する馬が多いですがその反面気性や体質に問題のある馬が生まれる可能性も高く、リスクが大きいです。 アウトブリードはハマったときの爆発力こそないもののしっかりした体質と落ち着きをもつ、 安定した馬が誕生しやすいです。 どちらも一長一短ですが競馬関係者はリスクを冒してインブリード交配を行うよりは息の長い馬の生産に取り組んでいる傾向が強いです。 なぜなら長く活躍するほどレースに出走でき、 賞金を得られる機会が増えるからです。 競走馬は経済動物という側面もあるため、どうしてもお金がらみになってしまうのはやむを得ないかもしれません。 しかしオルフェーヴルやエネイブルのようにかみ合ったときの活躍ぶりは多くの人を沸かせます。 インブリードとアウトブリードはどちらも一長一短ですが、血統は突き止めれば非常に面白い要素なので興味のある方は血統を見ながら馬券予想されてもいいかもしれません。

次の

Appointuit

クロス ブリード

今回は競走馬の「配合」について書きます。 配合理論のひとつに 「インブリード」と「アウトブリード」というモノがあります。 イメージしやすいように下の画像を見てください。 これは2011年に3冠を達成した オルフェーヴルの血統表です。 父 ステイゴールド、母 オリエンタルアートですね。 血統表を右に行けば祖先の馬の名前が出てくることは、 前回勉強しました。 ざぁ~っと、見ていくと、 母方の3世代前に ノーザンテーストがいます。 そして、父方の4世代前にも ノーザンテーストがいます。 つまり、 オルフェーヴルは ノーザンテーストの血が 入った馬同士の掛け合わせであると言えます。 これがインブリードと言われるものです。 なぜ近親交配が行われるのか? 簡単にいうと、ある馬の血をより濃くすることにより、 その馬の遺伝能力を強め、より強い馬を生産するためです。 インブリード効果を狙う種牡馬というのは、 いずれも大種牡馬であることが多く、 その有能な能力を、産駒に強く受け継がせることが、 目的なわけです。 極端な話、大種牡馬を父に持つ馬同士を掛け合わすことが、 その大種牡馬の遺伝能力が1番受け継がれわけです。 実際、インブリードによる活躍馬は多数出ているので、 一定の効果はあるものとされています。 しかし、同時に近親交配は(競走馬に限らず)、 体質が弱くなるというデメリットがある上に、 流行血統のインブリードが強い場合、 引退後の繁殖相手にも困る事になります。 では、血統表をもう1度見てください。 この表の右下に、 ノーザンテースト 18. 「クロス」というのは「インブリード」と同義語です。 この表記を説明する前に まず、血統表の見方を説明しなければいけません。 血統表を見るとき、 右に代を重ねるほど数字を増やしていきます。 つまり1世代前、2世代前、3世代前・・・。 さらに、インブリードでは 血量も表記されます。 1世代前:血量50% 2世代前:血量25% 3世代前:血量12. 5% 4世代前:血量6. インブリード部分の血量は、加算されるので、 オルフェーヴルの例で言うと、 6. 5(母方3世代前) =18. インブリードは4世代の中で考えるのか、 5世代以上の中で考えるかは人それぞれです。 よって、上表の例で書かれている、 Northen Dance 9. まぁ、Northen Dance 9. では、極端なインブリード効果の1例として ラムタラを紹介します。 ラムタラは1995年に欧州3冠を達成した馬。 しかもデビュー戦+3冠(英ダービー・キングジョージ・凱旋門)の わずか4戦での達成。 つまりステップレースを一切使わずに 3冠を達成するという大偉業を成し遂げた馬です。 「奇跡の名馬」「神の馬」とも言われた名馬です。 そんなラムタラの血統表がこちら。 下のクロス馬リストを見ていただければ分かるように、 「Northern Dancer 31. 25%は競馬界でもかなり濃い血量と言えます。 引退後、日本に種牡馬として輸入されましたが、 配合する時には、種牡馬としての期待値は それほど高くなかったはずです。 (実際、日本では結果を残せませんでした。 50%)」を持っています。 牡馬のインブリード程、重きは持たれていませんが、 牝馬のインブリードも、もちろんあります。 しかし、ここまでの血量を持つと、 どうしても体質が弱くなる事が多いので、ほどほどが大事。 その、「ほどほど」というのでベストの血量があります。 それが、 「奇跡の血量」と言われるものです。 75%)」 これが、インブリード効果のベスト血量と言われています。 そう、上のオルフェーヴルも「奇跡の血量」を持つ馬の1頭。 過去にもタニノギムレット、ヴィクトワールピサ、ブエナビスタ、 エルコンドルパサー、メイショウサムソンなど、 日本だけでも数々の名馬が登場しています。 インブリードのデメリットである体質弱化はもちろん少ないし、 繁殖界がインブリードを持つ馬だらけになるのを避けるためにも、 このアウトブリード配合は非常に大事なモノです。 アウトブリードの馬でもたくさん名馬が出ています。 3冠馬のナリタブライアンやディープインパクトも、 アウトブリードで作られている馬です。 インブリード、アウトブリードどちらが良いのかは断定できませんが、 強い馬が生まれやすいのはインブリードの方が確率は高いです。 ただし、突如として大物が登場するのはアウトブリードの馬の方が 多いように個人的には思います。 関連記事•

次の